ページの先頭です 本文へスキップ

音声読み上げ

文字サイズ
標準
拡大
  • English
  • 中文
  • 한국어

ホーム千葉県木更津市公式ホームページ

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
このページの場所は次のとおりです ここからページの本文です

公営企業経営健全化計画(下水道)

公的資金補償金免除繰上償還制度に係る公営企業経営健全化計画の策定について

本市において旧資金運用部資金(財政資金)にかかる公的資金補償金免除繰上償還制度の活用を図るため公営企業経営健全化計画を策定し国に提出したところ、平成20年11月に国より計画が認められ、繰上償還制度の活用が可能となりましたので本計画の内容についてお知らせいたします。
なお、本市としましては本計画で策定した財政改革・健全化効果の達成に向け鋭意努力いたしますが、本計画は平成20年5月末時点の状況により平成20年度から平成25年度までの財政状況を推計し作成したものなので、今後この計画と実際の財政状況と乖離が生ずる可能性があります。  

1.公的資金補償金免除繰上償還制度とは

地方公共団体の厳しい財政状況を踏まえて、地方財政の健全化による将来的な国民負担の軽減を目的に、財政の健全化を推進する地方公共団体を対象に高金利の地方債の元利償還金の負担を軽減するために、平成19年度から3年間の臨時特例措置として「公的資金補償金免除繰上償還制度」が認められることになりました。
本制度は、従来は公的資金(旧資金運用部資金や旧簡保資金などの政府系資金)による地方債を繰上償還するためには、償還期限までの利子相当額の補償金の支払いが必要であったものが、この補償金が免除されるものです。 

2.本市の取組み

公的資金の繰上償還を行う場合、従来は未償還利子の多くを補償金として支払う必要があり、繰上償還を行っても利子の軽減にならず負担軽減にはつながりませんでした。
しかしながら、今回は本制度を活用することにより補償金が免除されるため、利払いの負担軽減が図られることから、本市としては本制度を活用することとしました。
ただし、本制度を活用するには国民負担の軽減の観点から公営企業経営健全化計画を策定し、この内容が行財政改革に相当程度資するもの(計画による財政効果額が免除される補償金額を上回ること)が条件となっております。
本制度の活用は先にありましたとおり平成19年度から3年間の臨時特例措置でありますが、本市においては平成19年度に平成20年度から22年度の3か年間を計画期間とする第3次総合3か年プランの策定時期であったため、この公営企業経営健全化計画策定にあたり第3次総合3か年プランとの整合性を図るために本制度の活用を1年遅らせたものです。
今回策定しました計画につきましては、平成19年度に策定した第3次総合3か年プラン及び平成18年6月に策定した木更津市行政経営アドバンスプランを基本とし策定しております。 

3.今回策定した公営企業経営健全化計画の経過

  • 旧資金運用部(財政融資資金)分
    平成20年8月27日総務大臣及び財務大臣に公営企業経営健全化計画承認の申請
    平成20年11月28日総務大臣及び財務大臣から計画の承認
  • 旧公営企業金融公庫資金分
    平成22年9月24日承認申請(総務大臣)平成22年10月20日承認申請(財務大臣)
    平成22年12月17日承認(総務・財務大臣)

4.繰上償還実施による下水道特別会計の公債費負担軽減額

全体として18億9,696万円を繰上償還し、これによる利子の軽減効果額として4億1,585万円ほどと考えております。
また、資金区分の償還額については次のとおりです。

  • 旧資金運用部(財政融資資金)分
    利率6%以上の地方債について、平成21年3月25日現在で償還額約18億3,992万円、利率5%以上6%未満の地方債については、平成22年3月31日現在で償還額約5,704万円、平成20、21年度の2ヵ年で合計18億9,696万円ほどの繰上償還を実施予定。
  • 旧公営企業金融公庫資金分
    利率6%以上の地方債について、平成22年3月25日現在で償還額約4,876万円、利率5%以上6%未満の地方債については、平成23年3月22日現在で償還額約3億7,729万円、平成22、23年度の2ヵ年で合計4億2,605万円ほどの繰上償還を実施予定。

5.公営企業経営健全化計画について

6.公営企業健全化計画の執行状況

H21執行状況[172KB pdfファイル] 

H22執行状況 [238KB pdfファイル] 

H23執行状況 [237KB pdfファイル] 

H24執行状況 [242KB pdfファイル] 

H25執行状況 [224KB pdfファイル] 

7.その他

本計画については、木更津市役所朝日庁舎行政資料コーナーにおいてご覧になれます。

 

アドビリーダーのダウンロード 

アドビホームページへ

PDFで作成しているファイルの閲覧にあたっては、adobe(アドビ)社が無償配布しているAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない場合は、次のアイコンボタンをクリックして、adobe(アドビ)社のホームページからダウンロードしてください。

 

 印刷 - 公営企業経営健全化計画(下水道)  戻る  ページの先頭
ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です

木更津市役所 法人番号 4000020122068 〒292-8501 千葉県木更津市富士見1丁目2番1号(駅前庁舎)

 

千葉県木更津市朝日3丁目10番19号(朝日庁舎) 電話:0438-23-7111(代表)

ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる