市街化区域内の農地を転用する場合は、あらかじめ農業委員会へ届出が必要です。 届出を行わないで転用した場合は違反転用となり、農地等の権利取得の効力が生じないだけでなく、農地法の罰則の適用があります。

 

届出の申請期間

毎週月曜日から金曜日までとなります。(土日祝日は除く。)
郵送での受付はできませんので、窓口までお越しください。
申請から受理通知書の交付まで1週間の余裕をみて提出してください。

農地法第4条第1項第7号の規定による農地転用届

農地の所有者が、農地以外にする場合

農地法第5条第1項第6号の規定による農地転用届

農地の所有者と事業を行う者との間で、売買、賃借権、使用貸借権等の権利の移転・設定を伴いながら、農地以外にする場合

 

開発行為を伴う農地転用の場合

500平方メートル以上の農地に建物をたてる場合等、都市計画法による開発許可が必要な場合は、届出時に開発行為許可書の写しの添付が必要です。

 

転用にあたり埋め立てを行う場合

市・まち美化推進課へ相談してください。

 

転用目的の変更があった場合

届出後、転用の目的に変更があった場合、再度、届出が必要となります。計画の変更が生じた場合は、速やかに届出を行ってください。

 

届出書の様式等

申請書ダウンロードへ