農地の売買や貸し借り(権利の設定・移転)

農地法第3条許可

農地を耕作目的で売買や貸し借りをする場合、農地法第3条許可申請により農業委員会の許可を受ける必要があります。許可を受けないでした売買(貸借)は効力が生じません。

許可基準

次のいずれかに該当した場合は許可されません。

  1. 小作地について、小作農以外の者が所有権を取得しようとする場合
  2. 権利を取得しようとする者が、取得後において耕作を行うと認められない場合
  3. 年間150日以上農作業に従事すると認められない場合
  4. 権利取得後の経営面積が50アール以上に満たない場合
  5. 農業経営の状況、住所地から取得しようとする農地までの距離からみて、効率的にその農地を耕作すると認められない場合