景観計画・景観条例を策定しました

 木更津は、海、川、山、田園、神社仏閣やレトロ建築など、多様で豊かな景観に恵まれています。こうした景観資源を守り・育て、次世代へと継承していくことは、まちづくりにあたり大切なことです。本市では、景観形成に係る基本的な考え方や基準等を明らかにし、市民・事業者・行政の協働によって、木更津らしい個性ある景観の保全と形成を図っていくために、景観法に基づく景観計画を策定いたしました。

 また、届出・命令等に関する事項や景観形成の推進に向けた取組などを定めるために、景観条例を制定いたしました。

 市民・事業者の皆様には、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

 

景観条例:平成27年12月15日制定、平成28年4月1日施行

景観計画:平成28年3月1日告示、平成28年4月1日施行

※平成28年4月1日より、一定規模以上の建築物や工作物の新設等、開発行為、屋外における土石・廃棄物・再生資源その他の物件の堆積については、市への届出が必要になります。また、屋外広告物について新たに景観形成基準が加わります。

木更津市景観計画(PDF)[8097KB pdfファイル] 

木更津市景観計画【概要版】(PDF)[1720KB pdfファイル] 

木更津市景観条例(PDF)[184KB pdfファイル] 

木更津市景観規則(PDF)[2215KB pdfファイル] 

景観法に基づく届出制度の概要(PDF)[523KB pdfファイル] 

届出様式等ダウンロード → 申請書様式はコチラ

添付図書一覧表(PDF)[92KB pdfファイル] 

 

屋外広告物の形成基準

 木更津市景観計画の施行に伴い、千葉県屋外広告物条例に基づく基準に加え、

景観計画で定める新たな景観形成基準が適用になります。

屋外広告物の景観形成基準(PDF)[357KB pdfファイル]