平成26年度木更津市男女共同参画フォーラム開催結果報告

   第4回 災害時の決断~男女(みんな)で考えよう防災・減災~
 第3回 プラス思考コミュニケーション術~人に伝わる・人を惹きつける話し方の極意~
 第2回 “平和・交流・共生”のまちづくりをめざして
 第1回 妻と夫の定年塾~人生は60からがおもしろい~

 

第4回 災害時の決断~男女(みんな)で考えよう防災・減災~

日時:平成27年3月15日(日) 13時30分から15時30分
会場:木更津市立中央公民館 大ホール
テーマ:防災・減災における男女共同参画の視点の重要性
手法:講演会
講師:天寺 純香 氏(災害救援ボランティア推進委員会事務局主任)
○プロフィール
災害救援ボランティア推進委員会は1995年阪神淡路大震災の教訓をもとに発足。同委員会において、災害救援ボランティア講座の運営と同講座修了者であるSL向けの教育訓練などの企画・運営に従事。主に千葉県を担当している。2004年新潟県中越地震、2006年長野県豪雨災害、2007年能登半島地震の際には、被災地での救援活動に携わる。2011年東日本大震災では、千葉県旭市災害ボランティアセンターで立ち上げから閉所まで協力。2014年3月東日本大震災時の旭市での活動に対し、委員会として厚生労働大事表彰を受ける。

参加者数:50名
概要
平成26年度第4回男女共同参画フォーラムでは、災害救援ボランティア推進委員会事務局主任の天寺純香氏を講師にお招きして、「災害時の決断~男女(みんな)で考えよう防災・減災~」と題した講演会を実施しました。
フォーラムでは、阪神淡路大震災をはじめとする、これまでの震災から浮き彫りとなった様々な課題を、クロスロードゲームという簡単なゲームによるワークショップを交えながら防災・減災についてご講演いただきました。
7人編成の班ごとに、ゲームを教材として災害時において決断が迫られる場面を疑似体験したことにより、もしもの時に備えて、「災害想像力」を身につけておくことがいかに大事であるか、参加者自身が気づかされました。
また、災害時、特に避難所において、女性特有の悩みや問題が多かったことを事例として挙げ、男女共同参画の視点での防災・減災対策の必要性についてご指導いただきました。

広報用チラシ [759KB pdfファイル]   

アンケート集計 [204KB pdfファイル] 

forum26-4-01 forum26-4-04 forum26-4-03 
 

第3回 プラス思考コミュニケーション術~人に伝わる・人を惹きつける話し方の極意~

日時:平成27年1月18日(土) 10時00分から12時00分
会場:木更津市立中央公民館 大ホール
テーマ:コミュニケーションスキル
手法:講演会
講師:倉島 麻帆 氏(ビジネスボイスコンサルタント・株式会社スマイルボイス代表取締役)
○プロフィール
ビジネスボイスコンサルタント・フリーアナウンサー・株式会社スマイルボイス代表取締役
鎌倉市生まれ。大学卒業後、大和証券に入社するも夢を捨てきれず、フリーアナウンサーに。bayfm情報アナウンサーも務める。NHKではディレクターも務めた他、現在はNHKラジオ高校講座「現代文」に出演中。大ヒットした劇場版アニメーション「時をかける少女」ではキャスター役で声優出演した。
結婚直後の夫の失業が転機となり、人を元気に笑顔にしたいという想いに気づき、「ビジネスボイスコンサルタント」になる。
最新の脳科学・心理学を取り入れ、七色の声と笑顔で受講者を元気にポジティブにする講演は、あっという間の楽しい時間と定評があり、人前での表現が輝くと「人生も輝く」素晴らしさを伝えている。
著書に『大切な人を一瞬で笑顔に変える人の話し方・気遣い方』、『10000人の声と人生を変えた 1分間〈笑顔〉発声法』等がある。
参加者数:80名
概要
平成26年度第3回男女共同参画フォーラムでは、フリーアナウンサーでスマイルボイスコンサルタントの倉島麻帆氏を講師にお招きして、「プラス思考コミュニケーション術~人に伝わる・人を惹きつける話し方の極意~」と題した講演会を実施しました。
講演会では、相手に伝わる声や話し方のポイント、魅力的な笑顔の作り方、滑舌を良くするトレーニング、人に好かれる話し方など、講演とともに実技指導もまじえてご指導いただいた。参加者のアンケートからは、「これからの日常に生かしていきたい」「職場等で発信していきたい」などの感想が得られた。コミュニケーションスキルを学んだことで、今後、地域や職場、学校等でのより良い人間関係づくりにつながるスキルアップの機会になったのではないかと思います。

広報用チラシ [680KB pdfファイル]  

アンケート集計 [224KB pdfファイル] 
 

第2回 “平和・交流・共生”のまちづくりをめざして

日時:平成26年10月25日(土) 8時30分から17時00分
会場:館山市豊津ホールほか
テーマ:人権・平和・女性の生き方
手法:フィールドワーク
講師:愛沢 伸雄(NPO安房文化遺産フォーラム代表)
   池田恵美子(NPO安房文化遺産フォーラム事務局長)
概要
平成26年度第2回男女共同参画フォーラムは、「“平和・交流・共生”のまちづくり」と題して、従来の講演会方式ではなく、フィールドワークとしました。
講師には、館山市内で地域の自然や文化遺産を活用していくガイド活動において実績のある、NPO法人安房文化遺産フォーラム代表の愛沢伸雄氏、事務局長の池田恵美子氏に依頼しました。
 当日は、天候にも恵まれ、概ね当初のスケジュールどおりに、両講師やガイドスタッフの講義や解説などにより館山の歴史・文化遺産を巡りました。アンケート結果からも推察できるように、参加者からもフィールドワークが大変好評であり、次回もこのような企画を期待する声がありました。
 なお、当日のスケジュールは以下のとおりです。

      8:30 木更津市役所出発 館山道:木更津南IC~富浦IC経由
10:00~11:00 見学/大巌院 四面石塔ほか
11:15~12:30 講義/「館山まるごと博物館~“平和・交流・共生”のまちづくり~」(館山市豊津ホール)
12:30~12:50 昼食
13:00~13:30 見学/館山海軍航空隊赤山地下壕
13:40~15:00 見学/婦人保護施設「かにた婦人の村」
                      128高地「戦闘指揮所」壕 「噫従軍慰安婦」碑など
15:30~15:50  渚の駅たてやま(トイレ休憩)
      17:00 木更津市役所着・解散

広報用チラシ [425KB pdfファイル] 

アンケート集計結果 [145KB pdfファイル]

   

第1回 妻と夫の定年塾~人生は60からがおもしろい~

日時:平成26年6月28日(土) 13時30分から15時30分
会場:木更津市立中央公民館 大ホール
テーマ:男女共同参画
手法:講演会
講師:西田 小夜子(定年塾主宰・作家)
○プロフィール
1941年東京都生まれ。武蔵野美術大学短大部美術科卒業。定年後の夫婦の生態を短編小説として新聞に連載し、「みのむし男」「こたつむり女」などの造話で話題となる。鋭く温かい人間洞察で人気コラム、エッセイを新聞各紙に連載。快適な老後を目標に「定年塾」を主宰。全国各地で講演し、テレビやラジオでも活躍中。著書に「定年漂流」、「妻と夫の定年塾」、「定年夫はなぜこんなにじゃまなのか」ほか多数。
参加者数:50名
概要
平成26年度第1回男女共同参画フォーラムでは、作家で定年塾を主宰する西田小夜子先生を講師に招いて、「妻と夫の定年塾~人生は60からがおもしろい~」と題した講演会を実施しました。
講演では、まず、定年後のさまざまな夫婦のエピソードをもとに、夫婦の意識のズレを修正するポイントやコミュニケーションの取り方、地域とのつながり方などについて、ご自身の体験談も交えた愉快なお話をしていただきました。後半は、西田先生の講演を踏まえて、参加された方々から感想やご意見をいただきました。今回のフォーラムはご夫婦で参加された方が多かったことが特色として挙げられます。

広報用チラシ [406KB pdfファイル] 

アンケート集計結果 [245KB pdfファイル] 


平成26年度第1回男女共同参画フォーラム写真01 平成26年度第1回男女共同参画フォーラム写真02  

 

アドビリーダーのダウンロード 

アドビホームページへ

PDFで作成しているファイルの閲覧にあたっては、adobe(アドビ)社が無償配布しているAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない場合は、次のアイコンボタンをクリックして、adobe(アドビ)社のホームページからダウンロードしてください。