市では、東京湾アクアライン等広域幹線道路網の効果を活かすとともに、人口減少や少子高齢化の進展が著しい集落コミュニティの維持を図るため、「市街化調整区域における土地利用方針」を平成23年8月10日に策定し、平成27年3月25日に一部見直しを行いました。
 市街化調整区域は、原則開発(建物を建築することなど)が規制されている区域です。
 この方針は、市街化調整区域の性格を変更するものではなく、方針に基づき別途地区計画を決定することにより、住宅、商業・業務施設の立地を規制誘導しようとするものです。


 本方針については、木更津市都市計画マスタープラン(平成28年3月24日改定)に内容を反映したことから、廃止しました。

 

木更津市都市計画マスタープランについては、こちら

市街化調整区域における地区計画ガイドラインについては、こちら