市では、地域一体となって、本市を人と自然が調和した持続可能なまちとして、次世代に継承していくため、「木更津市 人と自然が調和した持続可能なまちづくりの推進に関する条例」(通称:オーガニックなまちづくり条例)を平成28年12月15日に施行しました。

 「オーガニックなまちづくり」とは、「オーガニック」を、「持続可能な未来を創るため、地域、社会、環境等に配慮し、主体的に行動しようとする考え方」と捉え、これをまちづくりの視点として、人と自然が調和した持続可能な都市を構築し、次世代に継承しようとする取組です。
 今後、本条例に基づくアクションプランを策定し、地域一体となって「オーガニックなまちづくり」を推進していきます。

オーガニックなまちづくりの基本理念

(1)地域、社会、環境等に配慮し、主体的に行動しようとする人を育む
(2)自然と共に発展する持続可能なまちの基盤を整備する
(3)多様なあり方を認め合い、支え合う、自立した地域社会の仕組みを構築する

条例の主な内容

 条例内容

条例全文

木更津市人と自然が調和した持続可能なまちづくりの推進に関する条例⇒[141KB pdfファイル]