木更津市では、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)木更津東インターチェンジと一般国道410号が接続する近接地(木更津市下郡1369番1外)に、農業振興や観光振興等、地域の活性化に貢献する新たな交流拠点として、「道の駅」の整備を進めています。 平成29年秋の開業を目指す市初となる「道の駅」として、木更津市の特徴を表し、多くの方々に親しんでいただける名称を、平成29年1月20日から2月10日の間、市民(市内に在住、在勤及び在学の方)を対象に募集したところ、1,849件のご応募をいただきました。ご応募いただきました候補の中から、木更津市道の駅施設名称選定委員会の選考結果を参考に、「道の駅」の名称を決定しましたので、お知らせします。

たくさんのご応募をいただきまして、ありがとうございました!

1.名 称
「道の駅木更津 うまくたの里」 (英語表記:Kisarazu Umakutanosato)

  ※木更津とうまくたの里の間は、半角スペースを空ける

2.選考理由
  1. 市初となる道の駅として、「木更津」を全国にアピールし、末永く多くの方に親しまれる施設になることを期待すること。
  2.  道の駅を整備する富来田地区周辺は、その昔「うまくた」と呼ばれ、万葉集にも詠われている歴史・文化に彩られた地域であること。
  3. また、自然豊かな富来田地区は、農林業の生産の場であると同時に多様な生き物の生育空間や景観形成、防災や気象緩和などにも大きな役割を果たす「里山」が、地域の方々の手によって保全・再生されてきたこと。
  4. 本市では、「オーガニックなまちづくり」を新たな視点として、こうした先人から受け継いだ歴史・文化や美しい自然環境を次世代に継承する取組を、地域社会を構成する多様な主体とともに推進していくことを掲げたこと。

 以上のことから、「木更津」という地名を全国的にアピールするとともに、地域性を反映した名称として「木更津 うまくたの里」に決定いたしました。

3.最優秀作品

 決定しました名称にご応募いただきました1名の方に、賞状及び賞品(いちご狩り入園券、ハムベーコン詰め合わせ、地元特産品(ブルーベリー他)等)を進呈いたします。

4. 報道発表資料
5.本発表資料の問い合わせ先
木更津市経済部農林水産課(農林調整担当) 担当:岸、野村

TEL:0438(23)8445 FAX:0438(23)0075 E-mail:nousui@city.kisarazu.lg.jp