台湾 苗栗県 苗栗市 の紹介

経緯

 本市と苗栗市との交流は、平成18年12月、国立木更津工業高等専門学校と苗栗市にある国立聯合大学が国際交流協定を締結した後、学生交流から始まりました。
 その後、「友好都市の締結をしたい」というメッセージをいただいたことから、平成26年10月、渡辺市長が苗栗市を訪問し、教育や経済分野を中心とした交流を一層活性化していくことで意見が一致したため、平成29年11月3日、かずさアカデミアホールにて行われた市制施行75周年記念式典において、友好協定を締結しました。

苗栗市の概要

 苗栗市は、台湾の北西部に位置する、人口約9万人、 面積37.88平方キロ、約半分を山地が占める苗栗県の県庁所在地で、伝統工芸品の陶磁器や東方美人茶(烏龍茶)の生産地として有名です。

苗栗市ホームページ

 

 (渡辺市長と邱市長、市制施行75周年記念式典にて締結)
 

 
   

友好協定書はコチラ [594KB PDFファイル]