木更津港に面する「鳥居崎海浜公園」には、「見染めの松」「木更津甚句記念碑」「木更津港築港の碑」などがあり、「みなとまち木更津」の歴史を知ることができます。
また、公園内には「水泳プール」や「まごころ広場」もあり、夏はちびっ子の歓声で賑わいます。

見染めの松

 

鳥居崎海浜公園

 

歌舞伎「与話情浮名横櫛」(よわなさけうきなのよこぐし)という演目で、江戸の大店の若旦那であった「与三郎」が潮干狩りにきて「お富」に出会い見染めたといわれる場所です。その後、逢瀬を楽しむ時に着物の袖を松の枝にかけて儚い恋を語ったということで、「袖掛けの松」ともいわれています。
元の松が朽ち果てたため、今はその再現の松となっています。

 

木更津甚句記念碑

 

鳥居崎海浜公園

 

「木更津甚句記念碑」は、木更津甚句を伝える2人の芸妓の様子をモチーフにしたものであり、木更津甚句の普及に尽力した芸伎「若福」(向かって右側)と、教えを引き継ぐ現代女性(向かって左側)をイメージしています。 
「木更津甚句」は、もともと江戸時代末期に木更津の漁師たちが口ずさんでいた甚句を、木更津出身の噺家「木更津亭柳勢」がまとめあげ、江戸界隈で大流行させたものです。その後、大正年間になって、やはり木更津生まれの名伎「若福(本名 小野きく)」が新橋の花柳界で歌い、再び大流行し全国に広がりました。艶っぽい文句の中に船乗りの哀歓を秘めた木更津甚句は、かつて「木更津船」で江戸と往来した「みなとまち木更津」の粋な心意気を偲ばせてくれます。
平成13年以降、千葉県三大民謡の一つと言われる「木更津甚句」の伝承を目的に、本市で「木更津甚句全国大会」が開催されております。民謡の達人が全国から集まり、自慢ののどを披露します。興味のある方は、木更津甚句全国大会実行委員会事務局(電話番号0438-22-7711)まで、お問合せ下さい。

 

木更津港築港の碑

 

鳥居崎海浜公園

 

昭和7年10月30日に、当時の蒸気河岸(現在の中央3丁目)で、木更津築港の起工式が行われました。当時の様子を今に伝える「木更津港築港の碑」や、昭和7年の起工式で海に沈められた「基礎石」が置かれています。

 

まごころ広場

 

 鳥居崎海浜公園
 

鳥居崎海浜公園

 

平成23年10月25日に、「木更津甚句保存協会」や「木更津総合高校美術部」の方々のご協力を頂き、既存の遊具に色を塗ってリニューアルしていただきました。この広場を「まごころ広場」と名づけ、次の世代を担うこどもたちの憩いの場として市民の方々に利用されています。

 

その他

水泳プール及び「鳥居崎海浜公園」の案内図
公園の使用について

 

クイズ

ここでご紹介した歌舞伎「与話情浮名横櫛」(よわなさけうきなのよこぐし)と 「木更津甚句」に関するクイズを出題します。
あなたは、何問答えられますか?

初級コース

問題

主人公「与三郎」が眠るお墓が市内にありますが、そのお寺の名前は?

正解はこちら

問題

与三郎の相棒「こうもり安」が眠るお墓が市内にありますが、そのお寺の名前は?

正解はこちら

中級コース

問題

「木更津甚句」を全国に流行らせ、「木更津甚句記念碑」のモデルにもなった「若福」が眠るお墓が市内にありますが、そのお寺の名前は?

正解はこちら

上級コース

問題

「木更津甚句」を全国に広めた「若福」に木更津甚句を教えた「露崎地勢(ちせ)」が眠るお墓が市内にありますが、そのお寺の名前は?

正解はこちら

問題

主人公「与三郎」がお富を見染めた場所は「見染めの松」ですが、2人が会った旅館と言えばどこ?
また、その旅館を営んでいた人のお墓がある、お寺の名前は?

正解はこちら

 

リンク

街なか交流推進課のページ