企業誘致方針策定の主旨

 わが国ではバブル経済の崩壊後、長らく経済成長が滞り、企業の投資活動も低迷していましたが、政府が進めている諸政策により、景気は回復の兆しを見せています。なかでも成長戦略の中で、企業の生産性向上につながる設備投資や事業の再編など、民間投資・産業の新陳代謝を促す税制の創設が示されたことにより、投資活動の活発化が期待されます。

 本市においても、景気の回復傾向を反映し、企業立地が進展しつつあります。そこで産業立地促進条例を改正(立地奨励金の要件緩和)するなど、企業誘致の各種方策を総合的に検討し、充実させることで、企業進出の加速を図ることとしました。

 本市は、平成26年度から新しい基本構想がスタートしたとこに伴い、この新しい基本構想を踏まえ、木更津市産業振興基本条例(平成24年条例第7号)に基づき、企業誘致の方針を定め、戦略的な企業誘致活動を推進しようとするものです。

方針

一括版

木更津市企業誘致方針(一括ダウンロード版) [1725KB pdfファイル] 

分割版

表紙・目次 [99KB pdfファイル] 

第1章 はじめに [224KB pdfファイル] 

第2章 企業誘致の経緯と現状 [1400KB pdfファイル]  

第3章 企業誘致取組方針 [500KB pdfファイル] 

参考資料 [147KB pdfファイル]