※ コンベンション(集会、会議、大会、日本では、見本市、イベントなども含めた広範囲の集会、催しを意味する)

 世界の人々が集う会議や展示会などのコンベンションはIT産業と共に、21世紀をリードする産業の一つ。コンベンション振興を重要施策として位置付け積極的に取り組んでいます。

 

コンベンション振興

 観光は21世紀の基幹産業と言われており、経済に与える影響は益々大きくなってきております。その中で、国際コンベンションは国際相互理解を増進すると共に、観光産業をはじめとする地域経済に大きな波及効果を及ぼします。そのため本市では日本政府観光局(JNTO)やちば国際コンベンションビューロー(CCB-IC)などの誘致推進機関を通じ、国内外へ広く宣伝活動を実施すると共に、コンベンション参加者の受入れ体制を整備し、国際会議等の顧客誘致を推進しています。

 

国際会議観光都市

 観光庁が、国際的な会議場・宿泊施設が整い、近隣に観光資源があり、行政に窓口があることを条件に、国際会議、観光の振興に積極的に取り組んでいる都市を、『国際会議観光都市』に認定しています。現在、全国で53都市が認定を受け、県内でも千葉市、成田市、浦安市が認定されています。本市は1999(平成11)年7月12日に全国で47番目に認定されました。

※本市の国際会議の開催件数は、
平成17年8件 平成18年6件 平成19年7件 平成20年3件 平成21年2件 平成22年1件 平成23年1件 平成24年2件 平成25年1件 平成26年1件 平成27年1件 平成28年2件
となっています。

 

リンク

日本政府観光局(JNTO)

 昭和39年4月、国際観光振興会法により設立され、国土交通大臣の監督のもと運営されている独立行政法人。国際観光の振興を図るため、国際コンベンションの誘致・開催支援、外国人来訪を促進するための観光宣伝、国際交流支援による国際交流拡大などの各種事業を展開しています。

ちば国際コンベンションビューロー(CCB-IC)

 全国主要都市には地方公共団体・商工会議所などが設置した非営利団体として、コンベンションを当該地域に誘致することやコンベンション開催の際の支援を主事業とするコンベンションビューローが設置されています。本市については千葉県や千葉市などが出資している財団法人ちば国際コンベンションビューローがその役割を果たしています。

かずさアカデミアセンター(KAC)

 株式会社かずさアカデミアパークの中核施設として、平成9年にオープンした。水と緑の豊かな自然環境の中で、国際会議・学術会議・セミナーなど研究交流の場、音楽会等地域の文化活動の場としての役割を果たすと共に、立地する研究所や来訪者等に都市的サービスを提供しています。本市における国際会議の多くがここで開催されています。