東日本大震災に伴う東京電力福島第一原子力発電所事故について、収束の長期化が予想され、同事故により放出された放射性物質による健康と生活環境への影響について市民の不安が高まっております。
 本市ではこれらの不安を解消し、市民の健康と安全・安心な生活環境を確保するため、平成23年6月6日に近隣3市(君津市、富津市、袖ケ浦市)と連名で千葉県に対し要望書を提出いたしました。 
  

 要望書 [597KB pdfファイル]