2017年度夏季の電力需給見通しについて

 2017年度夏季の電力需給見通しについては、経済産業省の総合資源エネルギー調査会電力・ガス事業分科会の下に設置した「電力・ガス基本政策小委員会」において、電力広域的運営推進機関からの報告を踏まえつつ、第三者の専門家による検証が行われました。

 その結果、2017年度夏季の電力需給は、10年に1回程度の猛暑を想定してもなお、東日本、中西日本のブロック単位での予備率が3%以上で十分にあり、電力広域的運営推進機関によるひっ迫時の融通によらずとも、全エリアで電力の安定供給に最低限必要とされる予備率3%以上を確保できる見通しとのことです。

 

 ただし、火力発電に大きく依存しており、大規模な電源脱落や想定外の気温の上昇による需要増に伴う供給力不足のリスクがあることに十分留意が必要な状況です。

 

 

省エネ・節電に関するお願いについて

 上記のとおり、現在でも想定外の電力不足に陥る可能性があります。

 千葉県では、「千葉県省エネ・節電サイト」(リンクはこちらから)によって、省エネや節電に役立つ情報について紹介しています。

 市民や事業者の皆様におかれましては、日常生活や事業活動の中で、無理なく長く続けられる節電へのご協力をお願いいたします。