住宅宿泊事業(民泊)に伴う「マンション標準管理規約」の改正について

 

平成29年6月に住宅宿泊事業法が成立し、平成30年6月に施行されます。

 法律が施行されますと、分譲マンションにおいても住宅宿泊事業(民泊)の実施が可能となります。分譲マンションでは、お住まいの皆様が快適な生活を送れるように「管理規約」を定めておりますが、管理規約のモデルとなっている「マンション標準管理規約」が改正されました。

 この改正では、民泊を認める場合と禁止する場合の改正例が示されています。分譲マンションにおける住宅宿泊事業(民泊)をめぐるトラブルや苦情を防止するためには、民泊を可能とするか、禁止するかを、あらかじめマンション管理組合において、区分所有者間でよく議論していただき、マンション管理規約上定めるようにしてください。 

 

住宅民泊事業に伴う「マンション標準管理規約」の改正について(国土交通省HP)

マンション管理について(国土交通省HP)