環境省では、星空観察を通じて光害(ひかりがい)や大気汚染等に気づき、環境保全の重要性について関心を深めていただくこと、また、良好な大気環境や美しい星空を地域資源(環境や教育)としても活用していただくことを目指し、星空観察を推進しています。

 今年度は夏と冬の2回、肉眼による観察とデジタルカメラによる夜空の明るさ調査を呼びかけることとしており、夏の観察期間をご案内いたしますので、この機会に、是非、星空の観察に取り組んでみてください。

 詳しくはこちらを参照してください。