冬期は、大気汚染物質がよどみやすい気象条件が多くなります。

大気汚染の原因となる窒素酸化物等の排出を抑制すべく、皆様に以下のメニューを無理のない範囲で実践していただけるようご協力をお願いいたします。

なお、対策メニューはPM2.5の低減にも有効と考えられています。

・節電に努めましょう

・室内の暖房温度を20度を目途に設定し、重ね着などの工夫を心がけましょう

・暖房機器やガス給湯器の買い替え時には、大気汚染物質の排出の少ない機器を選びましょう

・太陽光等の自然エネルギーを活用しましょう

また、11月はエコドライブ推進月間です。

・自転車や公共交通機関の利用に努めましょう

・自動車の買い替え時や使用時には、環境負荷の少ない車を選びましょう

・アイドリング・ストップを実施しましょう

・急発進・急ブレーキを行わない等のエコドライブを実践しましょう