木更津市内のお米の安全性が確認されました。
出荷・販売・譲渡・贈答ができるようになりました!

 

福島第一原子力発電所の事故に関連して、千葉県において全市町村を対象に、国・市町村・生産者団体等と連携し、平成24年産米の放射性物質検査を実施しました。

平成24年8月21日に千葉県から分析結果が発表され、木更津市内で本調査を行った6地点全てにおいて玄米を分析した結果、放射性セシウムは検出されず、安全性が確認されましたので、お知らせします。

この分析結果をもって、
米の出荷・販売・譲渡・贈答の自粛は解除されました。

 

農業者の皆様には、ご心配をおかけいたしましたが、市内のお米の安全性が確認されましたので、例年通り良質なお米を消費者の方々へお届けくださいますようお願いします。

消費者の皆様方におかれましても、これまで通り、安全でおいしい木更津産米をご愛顧くださいますようお願いします。

 

分析結果 

分析機関:日本環境株式会社
 

公表日 市町村 栽培地(旧市町村) 採取日 放射性セシウム
134
放射性セシウム
137
 平成24年
 8月21日
 木更津市  畔戸(旧金田村)  8月15日 検出せず 検出せず
 高柳(旧木更津市)  8月16日 検出せず 検出せず
 上望陀(旧中郷村)  8月16日 検出せず 検出せず
 矢那(旧鎌足村)  8月16日 検出せず 検出せず
 真里(旧馬来田村)  8月17日 検出せず 検出せず
 佐野(旧富岡村)  8月17日 検出せず 検出せず
  • 単位:ベクレル/kg
  • 注1)ベクレルとは、放射能の強さを表す単位で、単位時間(1秒間)内に原子核が崩壊する数を表す。
  • 注2)「検出せず」とは、放射性物質が存在しない、または、定量下限値未満であることを示す。 

 

千葉県のホームページ