コロナ禍における救急隊の感染防止対策について

ツイッターでツイート
ラインでシェア

ページ番号1009109  更新日 令和3年8月17日

印刷大きな文字で印刷

救急隊の新型コロナウイルス感染防止対策について

 消防本部では、救急隊の新型コロナウイルス感染防止対策として、令和2年2月19日に「新型コロナウイルス感染症に係る木更津市消防本部対応マニュアル」を策定し、救急車や救急隊員が感染症を媒介することのないように以下の対策を実施しております。

救急車内の感染防止について

救急資器材

 救急車で新型コロナウイルス感染者(疑い者も含む)を救急搬送する際には、車内へのウイルス拡散防止のため感染症患者搬送装置のアイソレーターを装備するとともに、オゾンガス発生装置を設置しウイルスの除菌をすることで、ウイルス拡散防止を図っております。
 また、救急搬送終了後は救急車内の資器材すべての清拭による除菌及び濃度の濃いオゾンガスでの車内除菌を1時間実施することで、救急車でウイルスを媒介することのないよう徹底を図っております。
 

救急隊員の感染防止対策について

新型コロナウイルス感染防止対策服装

新型コロナウイルス感染症の傷病者(疑似症含む)への対応については、
(1)ヘルメット
(2)ゴーグル
(3)N95マスク
(4)感染防止衣上下
(5)プラスチックグローブ
(6)シューズカバー
(7)ガウン
を着装して救急活動を実施することで、新型コロナウイルス感染防止の徹底を図っております。

救急隊員からのお願い

 私たち救急隊員は、救急車内の消毒や隊員の感染防止を徹底することで、安心して救急車をご利用できるようしておりますが、今後も救急車の適正利用にご協力をお願いいたします。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

消防本部 警防課
〒292-0834
千葉県木更津市潮見2-1
電話:0438-23-9184
ファクス:0438-23-9096
消防本部 警防課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。