上空から情報収集!消防活動用無人航空機(ドローン)

ツイッターでツイート
ラインでシェア

ページ番号1009114  更新日 令和3年8月17日

印刷大きな文字で印刷

災害時に上空から情報収集を実施!!

消防車両内でドローン映像を確認する様子

令和2年度に運用を開始した、消防活動用無人航空機(災害用ドローン)は、海や川などで発生した水難救助現場での検索活動、火災現場での延焼状況の確認、その他災害現場での上空からの情報収集が可能になりました。

また、撮影された映像は、災害用多目的支援車内の大型モニターにリアルタイムに映すことができ、複数の隊員により災害状況の把握ができます。

消防活動用無人航空機運用要員の養成

消防本部では、消防活動用無人航空機運用要員の養成訓練を実施し、災害発生時に迅速に情報収集ができるようドローン操作者の育成を行っています。

これまでに、消防本部職員3名と消防署職員3名の計6名のドローン操作者を育成しており、今後も継続して養成訓練を実施してドローン操作者の増員に努めてまいります。

ドローンが上空を飛行している様子

これまでの出動実績(2件)

林野火災を上空から撮影した様子
その他火災(市内)
林野火災を上空から撮影した様子
林野火災(市内)

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

消防本部 警防課
〒292-0834
千葉県木更津市潮見2-1
電話:0438-23-9184
ファクス:0438-23-9096
消防本部 警防課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。