重層的支援体制整備事業

ツイッターでツイート
ラインでシェア

ページ番号1010673  更新日 令和4年10月14日

印刷大きな文字で印刷

重層的支援体制整備事業がスタートしました。

社会福祉法の改正により、「重層的支援体制整備事業」が令和3年4月に施行されました。

市町村の手あげに基づく任意事業ですが、本市では、令和4年4月から「重層的支援体制整備事業」に取り組んでいます。

重層的支援体制整備事業とは

重層的支援体制整備事業は、市町村において、既存の相談支援や地域づくり支援の取り組みを活かし、子ども・障がい・高齢・生活困窮といった分野別の支援体制では対応しきれないような”地域住民の複雑化・複合化した支援ニーズ”に対応する包括的な支援体制を構築するため、「属性を問わない相談支援」、「参加支援」、「地域づくりに向けた支援」を一体的に実施するものです。

(以下の図は、厚生労働省作成資料から抜粋)

重層的支援体制整備事業の概要

事業創設の背景

重層的支援体制整備事業が創設された背景として、地域共生社会の実現があります。

地域共生社会とは、制度・分野ごとの「縦割り」や、「支え手」「受け手」という関係を超えて、地域住民や地域の多様な主体が参画し、人と人、人と資源が世代や分野を超えてつながることで、住民一人ひとりとの暮らしと生きがい、地域をともに創っていく社会を指しています。

本市では、第4期木更津市地域福祉計画において、地域共生社会の実現に向けたテーマ設定を行い、取り組みを進めてきました。

重層的支援体制整備事業は、地域共生社会を実現するための新たな取り組みのひとつです。

相談先がわからない「困りごと」は、木更津市社会福祉協議会(コミュニティソーシャルワーカー)まで!

本市では、包括的な相談窓口として、コミュニティソーシャルワーク事業を、木更津市社会福祉協議会へ委託しています。

コミュニティソーシャルワーク事業とは、地域福祉の専門職である「コミュニティソーシャルワーカー(以下、「CSW」という。)」が、地域で生活していくうえで、どこに相談すればよいかわからない「困りごと」を受け付け、重層的支援体制整備事業の一環として、各支援機関と連携しながら、本人や地域の方々と共に問題解決に向けて一緒に考えていく事業です。

「困りごと」の相談をしたい場合は、以下の連絡先までご相談ください。

木更津市社会福祉協議会(電話:0438-25-2089 ファクス:0438-23-2615)

重層的支援体制整備事業実施計画の策定

本市における重層的支援体制整備事業を適切かつ効果的に実施するため、社会福祉法第106条の5に基づく重層的支援体制整備事業実施計画を策定しました。

関連情報

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

福祉部 社会福祉課
〒292-8501
千葉県木更津市朝日3-10-19
木更津市役所朝日庁舎 (イオンタウン木更津朝日2階)
地域福祉係 電話:0438-23-6717
生活保護第1係 電話:0438-23-6794
生活保護第2係 電話:0438-23-6795
ファクス:0438-25-1213
福祉部 社会福祉課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。