令和元年度ごみ減量・リサイクル促進ポスターコンクールが開催されました

ツイッターでツイート
ラインでシェア

ページ番号1001186  更新日 令和1年12月2日

印刷大きな文字で印刷

「令和元年度ごみ・減量リサイクル促進ポスターコンクール」は、市内18小学校の4年生のうち482名に参加いただき、各小学校から5点以内で選ばれた全90作品がコンクールに応募されました。応募作品の中から、市長賞1名、教育長賞2名、環境賞3名の入賞者が選ばれました。

11月17日(日曜日)木更津市民会館で開催されたリサイクルフェアで、入賞者の表彰式と応募作品の展示会が行われました。

表彰式・ポスター展の様子

写真:表彰式
表彰式の様子
写真:表彰式2
表彰式終了後、みんなで記念撮影

入賞作品

市長賞

市長賞:小谷 歩睦(こたに あゆむ)さんの作品

木更津第一小学校 小谷 歩睦(こたに あゆむ)さん

【審査員 講評】
ロボットがゴミパトロールをしているというアイディアがとても素晴らしいです。がっしりとした体ではありますが、動物にもやさしいところも好感が持てます。将来は、こんな青空の下でゴミパトロールをするロボットが現れるかもしれませんね。色の組み合わせを工夫し、楽しく描かれているところも小谷さんのポスターの魅力です。

教育長賞

教育長賞:一栁 心優(いちやなぎ みひろ)さんの作品

八幡台小学校 一栁 心優(いちやなぎ みひろ)さん

【審査員 講評】
「地球のために まずは自分から」という標語に目が行きました。クレヨンが絵具をはじくという性質を使っているところが、ポスター全体の雰囲気をやさしく包んでいます。黄色や青、ピンクなど元気の出る色を工夫して使い、このポスターを見た人は思わず笑顔になってしまうことでしょう。

教育長賞:竹中 真桜(たけなか まお)さんの作品

畑沢小学校 竹中 真桜(たけなか まお)さん

【審査員 講評】
体重計にのっているピンクのごみ袋は、今まさに危険状態です。この体重計にのっている「ピンクの袋ちゃん」がもっとダイエットするには・・・正しく分別をすることなんですね。新聞紙やペットボトル、洋服にトレイ、周りのごみなど丁寧に色鮮やかに描けています。

環境賞

環境賞:恩田 春(おんだ しゅん)さんの作品

東清小学校 恩田 春(おんだ しゅん)さん

【審査員 講評】
地球が腕組みしていたり、ゴミ箱がポイ捨てした男の子をつかんでいたり、ユーモアあふれる作品です。後ろにいる自動販売機もごみ箱に捨てるようにおこっているようです。人物の描き方も特徴をとらえています。それぞれの色が目立つように色を選んで着彩しているのがすばらしいです。

環境賞:秋谷 聡太(あきや そうた)さんの作品

波岡小学校 秋谷 聡太(あきや そうた)さん

【審査員 講評】
ポイ捨てをした半分の人物は悪魔のような顔で描かれ、反対にごみ箱にしっかり捨てた人物はすてきな笑顔で描かれています。その対照的な表情が大変面白いポスターです。バックの様子も暗い感じと明るい感じが対照的でインパクトがあります。きちんとゴミ箱に入れたくなるような気持ちにさせてくれます

環境賞:秋山 隼慧(あきやま はやと)さんの作品

八幡台小学校 秋山 隼慧(あきやま はやと)さん

【審査員 講評】
分別する楽しさが伝わってくるポスターです。一つ一つの色の組み合わせ・色の塗り方等大変丁寧に仕上げています。緑色の分別君の足にはペットボトル・手にはアルミ缶(スチール缶)になっているなど、様々な工夫が見られます。見ていて、美しさを感じます。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

環境部 まち美化推進課
〒292-0838
千葉県木更津市潮浜3-1 (クリーンセンター内)
まち美化係 電話:0438-36-1133
ごみ減量推進係 電話:0438-36-1133
廃棄物処理事業準備係 電話:0438-36-1136
ファクス:0438-36-5374