産前産後期間の国民年金保険料が免除されます

ツイッターでツイート
ラインでシェア

ページ番号1004270  更新日 平成31年4月1日

印刷大きな文字で印刷

制度について

平成31年4月1日から、国民年金第1号被保険者の産前産後期間の保険料が免除されます。

産前産後期間とは、出産予定月の前月から翌々月までの4ケ月間のことです。

双子など多胎妊娠の方は、出産予定月の3ケ月前から翌々月までの6ケ月間が免除の対象となります。

出産とは、妊娠85日(4ケ月)以上の出産をいい、流産や死産、人工妊娠中絶も含みます。

※平成31年3月分以前の保険料は、免除になりません。ご注意ください。

産前産後免除を受けると

産前産後免除の期間は、保険料を納付しなくても、老齢基礎年金が満額支給されます。

産前産後期間が終了した翌月からは、保険料の納付が再度必要になります。

免除申請や学生納付特例を受けている方は、同じ年度内でしたら、産前産後期間終了後、再度申請していただく必要はありません。年度が切り替わるときは、再度免除申請や学生納付特例の申請が必要ですのでご注意ください。

届出ができる時期

出産予定日の6ケ月前から届出ができます。

例えば、12月15日に出産予定であれば、6月15日から届出できます。

もし出産前に届出し忘れていても、出産日と親子関係がわかるものがあれば、さかぼのって届出できます。

出産予定日の6ケ月前になったら

必要なもの

届出のときは、

(1)出産予定日がわかる母子健康手帳(多胎のときは全員分お持ちください)

(2)認印

(3)本人確認書類(運転免許証、写真付きのマイナンバーカードなど)

(4)出産予定がある方のマイナンバーカードまたは通知カード

(5)世帯が別の代理の方が届出する場合は、委任状と代理の方の本人確認書類

をお持ちください。

※死産等の場合、母子健康手帳以外に死産証明書、死胎埋火葬許可証などでも可能です。

届け出先

届け出は、住民登録のある市区役所、町村役場となります。

木更津市に住民登録がある方は、保険年金課まで必要書類をお持ちになって届け出をしてください。

 

 

 

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

市民部 保険年金課
〒292-8501
千葉県木更津市朝日3-10-19
木更津市役所朝日庁舎 (イオンタウン木更津朝日2階)
国保給付係 電話:0438-23-7014
国保賦課係 電話:0438-23-7046
年金係 電話:0438-23-7059
後期高齢者医療係 電話:0438-23-7024
ファクス:0438-22-4631
市民部 保険年金課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。