高齢者の肺炎球菌感染症予防接種

ツイッターでツイート
ラインでシェア

ページ番号1004143  更新日 令和1年5月15日

印刷大きな文字で印刷

高齢者肺炎球菌感染症とは

肺炎球菌は、肺炎、気管支炎、副鼻腔炎、中耳炎、髄膜炎などを起こす細菌で、高齢者の肺炎の原因で一番多いといわれています。

定期予防接種

2019年度から5年間、65歳からの5歳刻みで過去に接種を受けていない人を対象に、定期接種を継続します。

対象者

過去に高齢者の肺炎球菌ワクチン予防接種を受けていない1.または2.または3.に該当する人。

  1. 65歳の人
  2. 心臓・腎臓・呼吸機能およびヒト免疫不全ウイルスによる免疫により日常生活が極度に制限され る機能障害がある60歳から64歳までの人(障害者手帳1級の写しを提出した人)。
    ※東日本大震災の被災者で、1.または2.に該当する人は、健康推進課までご連絡ください。
  3. 経過措置として、年度で65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳の人。
    ※対象となる生年月日はこちらから確認ください。

実施期間

2019年4月1日から2020年3月31日(休診日を除く)

自己負担金

5,400円(1人1回に限りワクチン代8,100円のうち、2,700円を市が助成します。)

※生活保護世帯の人は、事前に社会福祉課で「生活保護受給証明書」の発行を受け、接種の際に医療機関へ提出してください。⇒その場合のみ無料となります。
※東日本大震災や原発で被災を受け、当市に避難されている人は予診票を交付しますので、被災証明書を持ち、健康推進課にお越しください。⇒無料となります。

申込方法

保険証など、住所・氏名・年齢が確認できるものを持参して、直接医療機関に申し込みください。

任意予防接種

本市では、対象となる人に2019年4月1日から9月末までの半年間、接種費用の一部を助成します。

対象者

過去に高齢者の肺炎球菌ワクチン予防接種を受けていない1.または2.に該当する人。

  1. 75歳以上の定期予防接種の対象とならない人。
  2. 心臓・腎臓・呼吸機能およびヒト免疫不全ウイルスによる免疫により日常生活が極度に制限される機能障害がある65歳から74歳までの人(障害者手帳1級の写しを提出した人)。

※東日本大震災の被災者で、1.または2.に該当する人は、対象となりますので健康推進課までご連絡ください。

実施期間

2019年4月1日から2019年9月30日まで(休診日を除く)

自己負担金

接種する医療機関により支払う金額が異なります。
1人1回に限り2,700円を市が助成しますので、窓口で支払う金額については、事前に医療機関にお問い合わせください。
※生活保護世帯の人は、事前に社会福祉課で「生活保護受給証明書」の発行を受け、接種の際に医療機関へ提出してください。⇒その場合のみ無料となります。
※東日本大震災や原発で被災を受け、当市に避難されている人は予診票を交付しますので、被災証明書を持ち健康推進課にお越しください。⇒無料となります。

申込方法

保険証など、住所・氏名・年齢が確認できるものを持参して、直接医療機関に申し込みください。

協力医療機関

その他の予防接種

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

健康こども部 健康推進課
〒292-8501
千葉県木更津市朝日3-10-19
木更津市役所朝日庁舎 (イオンタウン木更津朝日2階)
健康づくり支援係 電話:0438-23-1300
検診予防係 電話:0438-23-8376
ファクス:0438-25-1350
健康こども部 健康推進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。