病院での医療費が高額になったら

ツイッターでツイート
ラインでシェア

ページ番号1001265  更新日 令和1年5月9日

印刷大きな文字で印刷

この高額療養費は木更津市の国民健康保険に加入されている方についてのご説明です。木更津市の国民健康保険以外の保険に加入している方は加入している健康保険組合か、全国健康保険協会千葉支部等へお問い合わせください。

高額療養費の制度は申請することにより、「限度額」を超えた分が戻ってくる制度です。(限度額については別途、表をご覧下さい)

限度額について

平成30年8月診療以降から、70歳以上75歳未満の方の自己負担限度額が変更されました。

平成30年8月診療以降の自己負担限度額については、下記のとおりです。

 70歳未満の人の自己負担限度額

自己負担限度額

(月額)

1ヶ月の限度額 所得要件
上位所得世帯

252,600円+(実際の医療費-842,000円)×1%

(4回目からは140,100円)

所得が901万円を超える

167,400円+(実際の医療費-558,000円)×1%

(4回目からは93,000円)

所得が600万円を超え901万円以下
一般世帯

80,100円+(実際の医療費-267,000円)×1%

(4回目からは44,400円)

所得が210万円を超え600万円以下
57,600円(4回目からは44,400円)

所得が210万円以下

(住民税非課税世帯を除く)

住民税非課税世帯

35,400円(4回目からは24,600円)

住民税非課税世帯
  • 所得とは、国民健康保険税の算定の基礎となる「基礎控除後の総所得金額等」のことです。
  • 12ヶ月間に4回以上高額療養費の該当となったときは、4回目から限度額が()の金額にさがります。
  • ひとつの世帯内で、同じ月内に21,000円以上の自己負担額を2回以上支払った場合、それらを合算して限度額を超えた分が支給されます。

70歳以上75歳未満の人の自己負担限度額 

自己負担限度額

(月額)

外来限度額(個人ごと)

外来+入院の限度額

(世帯のごと)

所得要件
現役並み所得者

3.

252,600円+(実際の医療費-842,000円)×1%

※過去12ヶ月で該当月が4回目以降のときは140,100円

課税所得

690万円以上の方

2.

167,400円+(実際の医療費-558,000円)×1%

※過去12ヶ月で該当月が4回目以降のときは93,000円

課税所得

380万円以上の方

1.

80,100円+(実際の医療費-267,000円)×1%

※過去12ヶ月で該当月が4回目以降のときは44,400円

課税所得

145万円以上の方

一般

18,000円

※年間(8月~翌年7月)144,000円を上限

57,600円

※過去12ヶ月で該当月が

4回目以降のときは44,400円

課税所得

145万円未満の方

低所得 2. 8,000円 24,600円

住民税非課税世帯

1. 15,000円

住民税非課税世帯

(年金収入80万円

以下など)

高額療養費の手続き

木更津市の国民健康保険に加入している方が高額療養費の該当になったときは、病院にかかってから、早くて3ヵ月後に世帯主の方に申請通知をお送りしています。

申請に必要なもの

  • お送りした通知書
  • 病院の領収書(コピーでもよい)
  • 印鑑
  • 口座情報のわかるもの
    ※世帯主以外の口座に振込みの場合は委任が必要となります。
  • 世帯主及び対象になる診療を受けた方の個人番号が確認できるもの
  • 窓口に来た方の顔写真付の公的身分証
    ※別世帯の方の場合、上記のものに加えて委任状(委任状と様式例は下記をご覧ください)が必要となります。

申請先

保険年金課または富来田出張所へ申請してください。

・限度額は世帯の状況や収入、ご年齢などによって異なります。また、その月にかかったすべての医療費が該当するとは限りませんので、詳しいことは保険証と申請通知書をお手元にご用意の上、直接お問い合わせください。

高額療養費資金貸付制度

高額療養費資金貸付制度(病院へ請求額の一部を支払い、残りを市役所が病院へ支払う方法)

医療費が高額で病院への支払が困難な場合、高額療養費として支給される金額の9割を市役所から病院へ振り込みをする制度です。市役所が病院に支払うお金以外は、先に病院へ支払っていただくようになります。また、この制度は病院側の了承がないと手続きができませんので、必ず病院へ相談し、市役所保険年金課へお問い合わせください。

限度額適用認定申請

「限度額適用認定証」(住民税非課税世帯の人は「限度額適用・標準負担額減額認定証」)を外来時及び入院時に医療機関の窓口に提示することにより、
お支払い額が自己負担限度額までとなります。申請した月の初日から適用となります。

  • 注1 国民健康保険税の滞納がある世帯の人には交付できない場合があります。
  • 注2 同じ世帯の国民健康保険加入者、または世帯主の前年の所得の申告がない場合、70歳以上75歳未満の方は課税世帯、70歳未満の方は上位世帯とみなされます。

申請に必要なもの

  • 印鑑
  • 世帯主及び対象になる方の個人番号を確認できるもの
  • 対象になる方の国民健康保険証
  • 窓口に来た方の顔写真付の公的身分証

※別世帯の方の場合、上記のものに加えて委任状(委任状と様式例は下記をご覧ください)が必要となります。

70歳未満申請書は下記をご覧ください。

70歳以上75歳未満(低所得1.2.の方)申請書は下記をご覧ください。

70歳以上75歳未満(現役並み所得者1.2.の方)申請書はこちら

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

市民部 保険年金課
〒292-8501
千葉県木更津市朝日3-10-19
木更津市役所朝日庁舎 (イオンタウン木更津朝日2階)
国保給付係 電話:0438-23-7014
国保賦課係 電話:0438-23-7046
年金係 電話:0438-23-7059
後期高齢者医療係 電話:0438-23-7024
ファクス:0438-22-4631
市民部 保険年金課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。