手足口病に注意しましょう

ツイッターでツイート
ラインでシェア

ページ番号1004841  更新日 令和1年8月26日

印刷大きな文字で印刷

 令和元年7月に入り、君津保健所管内の定点あたりの患者報告数(1医療機関あたりの平均報告数)が国の定める警報基準値5人を超え流行しておりましたが、8月中旬に入り2.4人に減少しました。
 流行のピークは過ぎましたが、引き続き手洗い等の予防策をし、感染にご注意ください。

手足口病とは

原因

 手足口病は、エンテロウイルスによる感染症です。例年、夏ごろに4歳くらいまでの子どもを中心に流行します。

症状

 主な症状は、口の中や手足にあらわれる水疱状の発しんで、3~7日の経過で消失します。3人に1人の割合で発熱がみられますが、高熱(38℃を超える)になることはほとんどなく、通常は解熱剤なしで経過観察が可能です。しかし、まれに髄膜炎や脳炎などにより重症化することもあるため、元気がない、頭痛、おう吐、38℃を超えるような高熱等が2日以上続く場合は注意が必要です。

感染経路

 感染経路は、飛まつ感染、接触感染、糞口感染(便の中に排泄されたウイルスが口に入って感染すること)が知られています。
 

予防方法

 手足口病に有効なワクチンはなく、また手足口病の発病を予防できる薬もありません。水疱や発熱が治まった後も、2~4週間程度、便などからウイルスが排泄されることがあり、また、感染しても発病はせず、ウイルスを排泄している場合があります。
 手足口病に感染しないように、手洗いを各個人でしっかりと行うことが必要です。患者あるいは回復者に対しては、特に排便後の手洗いを徹底することが重要です。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

健康こども部 健康推進課
〒292-8501
千葉県木更津市朝日3-10-19
木更津市役所朝日庁舎 (イオンタウン木更津朝日2階)
健康づくり支援係 電話:0438-23-1300
検診予防係 電話:0438-23-8376
ファクス:0438-25-1350
健康こども部 健康推進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。