【12月23日(水曜)】市長コメント

ツイッターでツイート
ラインでシェア

ページ番号1007701  更新日 令和2年12月23日

印刷大きな文字で印刷

12月23日(水曜)

 新型コロナウイルス感染症について、感染拡大の防止に関するお願いを申し上げます。

 千葉県の公表によると、本市では、12月22日までに98名の感染者が確認されており、12月17日現在、12人が入院やホテル療養など医療の提供を受けている状況となっています。
 君津地域における医療体制は、君津郡市広域市町村圏事務組合が地域外来・検査センターを設置し、かかりつけ医が「PCR検査が必要」と判断した場合に、速やかにPCR検査を行うことができる体制を整えております。また、指定感染症医療機関である君津中央病院では、万全な感染予防対策を講じながら治療にあたっており、現在は、病床数など比較的落ち着いている状況とのことです。
 しかし、新型コロナウイルス感染症の流行後、初めての冬を迎えるなか、感染者数は、千葉県を含め全国各地で最多を更新するなど、急速に増加している状況であり、また、重症者数の増加も併せ、医療提供体制もひっ迫しており、予断を許さない状況となっています。
 このような状況に鑑み、本日は、改めて市民の皆様、事業者の皆様に感染拡大防止のためのお願いをさせていただきます。

 はじめに、市民の皆様へのお願いです。
 これまでにも、日常生活における感染防止対策を実践していただいているところですが、感染の拡大を防ぐには、お一人おひとりの「感染しない」「感染させない」ための基本的な行動が最も重要です。
 「ソーシャルディスタンスの確保」「マスクの着用」「手洗い・うがい」「換気・加湿」を徹底していただくこと、そして、それぞれの生活場面での「新しい生活様式」に基づく感染防止行動の実践を改めてお願いいたします。
 また、年末年始は私たちにとって特別な時期ですが、医療のひっ迫と経済活動の更なる打撃を避けるために、千葉県からの協力要請や国が提唱する「年末年始を静かに過ごすための工夫」の実践について、ご協力をお願いいたします。

  • 感染リスクの高い場所への不要不急の外出は控えてください。
  • 忘年会・新年会でも、小人数で感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫を。
  • 年末年始の帰省は、時期の分散のみならず、延期も含め慎重に検討を。

 次に、事業者の皆様へのお願いです。
 多くの事業者の皆様には、感染拡大防止のための取組を行っていただいていると思いますが、東葛地域及び千葉市では、酒類を提供する飲食店の午後10時から午前5時までの営業自粛の協力要請が出されるなど、感染対策も強化されている状況にあります。
 改めて「業種別の感染症拡大予防ガイドライン」を確認し、確実に実践していただくとともに、特に酒類を提供する飲食店については、「3つの密」の回避、換気、従業員の体調管理やマスク着用など、取り組みを徹底されるようお願いいたします。
 なお、本市の独自支援策として、中小企業感染症対策支援金の増額、業種拡大、期間延長を行っておりますので、対象となる事業者の皆様は、期限までに申請手続きをお願いいたします。

 最後になりますが、感染者の方、濃厚接触者の方あるいは医療従事者の方とそのご家族に対する偏見や差別につながるような行為が問題となっています。
 新型コロナウイルス感染症は、誰もが感染するリスク、感染させるリスクがあることをご理解いただき、感染した方などに対する、いわれのない誹謗中傷や差別的行為は絶対にしないよう、皆様のご理解・ご協力をお願いいたします。
 寒さ厳しき折、皆様にはくれぐれもご自愛のうえ、健やかに新年をお迎えくださいますよう心より祈念申し上げます。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

木更津市役所
〒292-8501
千葉県木更津市富士見1-2-1 木更津市役所駅前庁舎
千葉県木更津市朝日3-10-19 木更津市役所朝日庁舎
電話:0438-23-7111(代表)
木更津市役所へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。