公的個人認証

ツイッターでツイート
ラインでシェア

ページ番号1001050  更新日 平成31年1月30日

印刷大きな文字で印刷

平成28年1月から交付が開始されたマイナンバーカードには申請時に電子証明書の発行を希望しない場合を除き署名用電子証明書と利用者証明用電子証明書の2種類の電子証明書が標準で格納されます。

署名用電子証明書

インターネット等で電子文書を作成・送信する際に利用します。

(例e-Tax等の電子申請)

「作成・送信した電子文書が、利用者が作成した真正なものであり、利用者が送信したものであること」を証明することができます。

※15歳未満の方および成年被後見人の方には発行されません。

利用者証明用電子証明書

インターネットサイトやコンビ二等のキオスク端末にログインする際に利用します。

(例マイナポータルへのログイン、コンビニでの公的な証明書の交付)

「ログインした者が、利用者本人であること」を証明することができます。

署名用電子証明書と利用者証明用電子証明書の違い

署名用電子証明書 利用者証明用電子証明書
使用用途 e-Taxでの確定申告などの電子申請に使用

マイナポータルへのログイン、

コンビニでの証明書交付などに使用

有効期限

発行日から5回目の誕生日まで

※住所、氏名、生年月日、性別に変更があった場合は自動で失効となります

発行日から5回目の誕生日まで

※住所、氏名、生年月日、性別に変更があった場合も失効にはなりません

暗証番号 英数字混合 6~16ケタ 数字4ケタ

申請手続きについて

マイナンバーカード交付時に電子証明書はあらかじめ格納されているため、カード申請時に電子証明書の発行を希望されている場合には改めて申請していただく必要はありません。

ただし、マイナンバーカードの申請時に電子証明書の発行を希望されなかった場合には電子証明書の発行申請をしていただく必要があります。

なお手数料はマイナンバーカードの初回交付時には無料ですが、カードの紛失等におけるマイナンバーカード再交付の際の電子証明書の発行には手数料が200円かかります。

平成27年12月22日にて住民基本台帳カードにおける電子証明書の新規・更新発行が終了になりました

平成28年1月よりマイナンバーカードの交付が開始されるにあたり電子証明書がマイナンバーカードに搭載されるようになりました。

住民基本台帳カードを利用されている方で、カードに格納されている電子証明書が有効期限に達し引き続き電子証明書の利用を希望される方はマイナンバーカードの申請をしていただくようになります。

なおマイナンバーカードは手続き上即日での交付ができないため、日数がかかり申告の時期に間に合わない可能性もあります。

※住民基本台帳カードに格納されている有効な電子証明書は有効期限までご利用いただけます。(氏名、住所、生年月日、性別のいずれかに変更があった際には自動的に失効となります。)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

市民部 市民課
〒292-8501
千葉県木更津市朝日3-10-19
木更津市役所朝日庁舎 (イオンタウン木更津朝日2階)
住民記録第1係 電話:0438-23-7254
住民記録第2係 電話:0438-23-7253
戸籍係 電話:0438-23-7290
ファクス:0438-22-4631
市民部 市民課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。