給与支払報告書の提出

ツイッターでツイート
ラインでシェア

ページ番号1001077  更新日 令和2年8月6日

印刷大きな文字で印刷

事業所・経営者の方へ
給与支払報告書は、給与所得者にとって「市・県民税の申告」に代わるものです。翌年度の市・県民税の計算のもととなる大切な資料ですので、下記の事項に注意し、毎年必ず期限までに提出していただきます。
特に、年末調整で住宅ローン控除を適用する場合は、正しく記入した給与支払報告書の提出がないと、市・県民税の住宅ローン控除の対象者でも原則適用されませんので、ご注意ください。

関連のページ(下記もご覧ください)

提出期限

各年の1月31日

提出先

給与の支払いがあった年の翌年1月1日現在(年の途中に退職した場合は退職日現在)に受給者が住民登録している各市区町村。
木更津市に住んでいる従業員分は、木更津市役所朝日庁舎市民税課(24番)へ提出してください。
※郵送でも受け付けしています。

提出する人

個人・法人を問わず、給与・賃金等を支払った者。

対象

1月から12月までに給与・賃金等の支払いをした全員について、給与支払報告書(個人別明細書)を作成してください。

  • 支払金額の多少や年末調整の有無にかかわらず、パート・アルバイト・専従者など全員が対象です。
  • 途中に退職した者についても作成してください(退職者は支払金額が30万円を超える場合に提出が義務付けられていますが、それ以外についても適切な課税の観点から提出してくださいますようご協力ください)。

提出する給与支払報告書と部数

給与支払報告書の記入・提出上の注意点

  • 社会保障・税番号制度の導入に伴い、「個人番号」や「法人番号」の項目が追加されました。
    ※項目の追加により、様式の規格(サイズ)が従来のA6サイズからA5サイズに変更になりました。特に注意していただきたい事項は下記のリンクをご覧ください。
  • 千葉県全体で「特別徴収(給与天引き)」を推進(平成28年度より徹底)していることにより、「普通徴収切替理由書」を提出していただく必要があります。(全員を特別徴収とする場合は提出不要です。)
    ※eLTAX(エルタックス)や電子媒体で提出いただく場合は、「普通徴収切替理由書」の添付は必要ありませんが、「普通徴収」欄や「退職日」欄の入力および、「摘要」欄に「普通徴収の符号(普AからF)」の入力をお願いします。
  • 「木更津市作成の総括表」の印字項目(所在地、事業所名等、電話番号等)に誤りがある場合は、朱書きで訂正してください。

※具体的な記入の方法については、税務署から配布される年末調整の資料「給与所得の源泉徴収票等の法定調書の作成と提出の手引き」を確認してください。

総括表

提出する市区町村ごとに2枚

  • 木更津市で特別徴収をしている事業所については、総括表を郵送しています。
  • その他の事業所には、木更津市役所朝日庁舎市民税課(24番)で配布します。
  • 様式は印刷することもできます。

個人別明細書

1名につき2枚

  • 税務署と木更津市役所朝日庁舎市民税課(24番)で配布しています。
  • 3枚複写(緑色)になっている給与支払報告書は、上の2枚「給与支払報告書」を市区町村に提出し、残りの1枚「源泉徴収票」を受給者に交付します。
  • 4枚複写(橙色)になっている給与支払報告書は、上の2枚「給与支払報告書」を市区町村に提出し、3枚目の「源泉徴収票」を税務署に提出して、4枚目の「源泉徴収票」を受給者に交付します。

注意事項

  • ホチキス止めはしないでください(破損の原因となります)。
  • 訂正する場合は、総括表・給与支払報告書のそれぞれに「訂正」と朱書して、再度提出してください。
  • 特別徴収を行っている事業所へ
    給与支払報告書提出後に退職・転勤等があった場合は、速やかに手続が必要です。詳しくは下記をご覧ください。

普通徴収切替理由書について

平成28年度から千葉県は給与天引きの徹底により、原則今まで普通徴収(個人納付)だった方も特別徴収となりますが、「普通徴収切替理由書」の該当符号(普AからF)にあてはまる場合、例外として普通徴収(個人納付)とすることができます。
その場合、切替理由書の各符号に該当する人数と合計人数を記載し、普通徴収対象者(特別徴収できない人)の給与支払報告書の上につけて提出してください。
ただし、切替理由書を提出した年度のみの適用となるので、普通徴収(個人納付)とする場合はその年度ごとに理由書を提出していただきますのでご注意ください。

eLTAX(エルタックス)または光ディスク等による給与支払報告書の提出について

平成23年度税制改正により、前々年に税務署に提出すべき源泉徴収票の枚数が「1,000枚以上」である提出義務者については、平成26年1月1日以降e-Taxまたは光ディスク等による提出が義務付けられました。(平成30年度税制改正により、令和3年1月1日以降提出分については「100枚以上」に引き下げられます。)

これに伴い、e-Taxまたは光ディスク等による提出が義務付けられた年分については、平成26年1月1日以降に市区町村に提出する給与支払報告書等においても、eLTAXまたは光ディスク等による提出が義務付けられています。(たとえ木更津市に提出する給与支払報告書等の枚数が1枚であっても、eLTAXまたは光ディスク等によって提出しなければなりません。)

eLTAX(エルタックス)による給与支払報告書の提出について

地方税ポータルシステム(eLTAX)は、インターネットを利用し、地方税における手続きを電子的にできるシステムです。ご利用方法等については、以下をご覧ください。

特別徴収税額決定通知データの提供について

eLTAX(エルタックス)を利用して給与支払報告書を提出する場合は、特別徴収税額決定通知データの受け取り方法を以下の3つから選択してください。

(1)「電子データ」(正本)

 ・書面

 ・電子署名のある税額通知データ

(2)「書面」(正本)

 ・書面

(3)「書面」(正本)+「電子データ」(副本)

 ・書面

 ・電子署名のない税額通知データ

注意事項

・提供する特別徴収税額通知データは当初決定通知のみとなります。変更通知につきましては書面での通知となります。

・従業員の方へ通知する「特別徴収税額通知(納税義務者用)」については、従来どおり書面で送付します。

・給与支払報告書の提出期限が過ぎた場合は、特別徴収税額通知の受取方法のご要望にお応えできない場合があります。

光ディスク等による給与支払報告書の提出について

新規に光ディスク等による提出を行う

「給与支払報告書の光ディスク等による提出承認申請書」を、テストデータとともに10月末までに提出してください。

テストデータについて

データ作成については、「光ディスク等による給与支払報告書の提出についてのご案内」を参考にしてください。なお、媒体を変更する場合や、税制改正による光ディスク等のレイアウトの変更など、事前テストが必要と思われる場合には、再度テストデータの提出をお願いすることがあります。

光ディスク等の規格・仕様

光ディスク等の規格・仕様の説明図

※ 書き込みは、ディスクアットワンス(シングルセクション)方式とする。

本番提出時に必要なもの

給与支払報告書のデータを入れた光ディスク等 【正・副 合計2枚】
給与支払報告書総括表 【1枚】

※給与支払報告書のデータを入れた光ディスク等の表紙には、

  • 提出先市町村名
  • 提出者名
  • 提出者住所
  • 個人番号又は法人番号
  • 指定番号
  • 提出件数
  • 提出年月日
  • 正本・副本の区別
  • 総枚数及び一連番号

を記入してください。

すでに承認を受けている事業所について

前年度以前にすでに承認を受けている場合、再度承認申請を提出する必要はありません。ただし、提出媒体を変更する場合は、再度承認申請の提出が必要です。(この場合、テストデータの提出は不要です。)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

財務部 市民税課
〒292-8501
千葉県木更津市朝日3-10-19
木更津市役所朝日庁舎 (イオンタウン木更津朝日2階)
市民税係 電話:0438-23-8573
市民税係(特別徴収) 電話:0438-23-8571
諸税係 電話:0438-23-8575
ファクス:0438-25-3566
財務部 市民税課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。