木更津市公設地方卸売市場の経営展望策定に向けたサウンディング型市場調査

ツイッターでツイート
ラインでシェア

ページ番号1002837  更新日 平成31年1月30日

印刷大きな文字で印刷

木更津市公設地方卸売市場の経営展望策定に向けて事業者の皆さまと「対話」を実施しました。

市場再整備にあたって、民間事業者8事業者からご意見をいただきましたので、結果概要を公表します。

木更津市公設地方卸売市場の経営展望策定に向けて事業者の皆さまと「対話」を実施します。(終了しました)

木更津市では木更津市公設地方卸売市場の老朽化、取扱量の減少等の課題の解決へ向け、経営展望策定に向けた検討をしています。再整備にあたっては、民間活力の導入を考えており、そのための前提条件などをお聞きする「対話」を今回、実施しますのでご参加下さい。

実施スケジュール

対話の参加受付(事前申込制)

日程:平成30年9月10日(月曜日)から平成30年9月28日(金曜日)まで
提出書類:エントリーシート

対話の実施

日程:平成30年9月14日(金曜日)から平成30年10月10日(水曜日)まで

対話の参加方法

エントリーシートに必要事項を記入の上、Eメール(ichiba@city.kisarazu.lg.jp)にてご提出ください。

木更津市公設地方卸売市場の概要

(1)既存施設の概要

所在
木更津市新田三丁目3番12号
計画地面積
約35,000平方メートル
地域区分
市街化区域
用途地域
準工業地域
施設規模
青果:3,681平方メートル 水産:1,201平方メートル

(2)再整備後の施設規模(案)

施設規模

青果:2,800~3,800平方メートル 水産:900~1,200平方メートル

提案・意見の内容

対話の実施

(1)意見交換

  • 当日の進行を効率的に行うため可能な範囲で結構ですので、説明資料をご用意ください。
    (箇条書き等簡単な資料で結構です)
  • 対話は、1社30分程度を予定しています。
  • 市の対応者は、5名程度を予定しています。

留意事項(必ずご確認の上、お申し込みください。)

  1. 対話の対象者
    対話に参加することができる事業者は、法人又は法人のグループとします。
  2. 対話に関する費用
    対話への参加に要する費用は、参加企業等の負担とします。
  3. 追加対話への協力
    必要に応じて追加の対話を行うことがありますので、ご協力をお願いします。
  4. 実施結果の公表
    • 対話の実施結果については、概要を市ホームページで公表します。
    • 参加企業等の名称は、公表しません。

実施要領・様式等

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

経済部 地方卸売市場
〒292-0832
千葉県木更津市新田3-3-12
電話:0438-23-3621
ファクス:0438-23-3622
経済部 地方卸売市場へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。