新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金

ツイッターでツイート
ラインでシェア

ページ番号1008756  更新日 令和4年8月31日

印刷大きな文字で印刷

新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金の活用について

新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金の概要

新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金(以下、「地方創生臨時交付金」という。)は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するとともに、感染拡大の影響を受けている地域経済や住民生活を支援し地方創生を図るため、地方公共団体が地域の実情に応じてきめ細やかに必要な事業を実施できるよう創設されました。

この地方創生臨時交付金は、新型コロナウイルス感染症への対応として必要な、以下を目的とした事業であれば、原則として使途に制限はありません。

  • 感染拡大の防止
  • 雇用の維持と事業の継続
  • 経済活動の回復
  • 強力な経済構造の構築
  • ポストコロナに向けた経済構造の転換・好循環の実現

木更津市では、地方創生臨時交付金を活用し、財源感染症防止対策や住民生活支援、事業者支援、地域経済対策などの取組を進めてまいります。

地方創生臨時交付金の全体像は内閣府のホームページをご覧ください。

地方創生臨時交付金交付決定状況

・決定状況一覧 

年度 配分時 交付決定日 交付決定額
令和4年度 第一次配分 令和4年6月24日

361,975千円

 

年度 配分時 交付決定日 交付決定額
令和3年度 第一次配分 令和3年9月30日 433,949千円
第二次配分

令和3年11月30日

94,888千円
第三次配分 令和4年3月29日 21,832千円
合 計 550,669千円
年度 配分時 交付決定日 交付決定額
令和2年度 第一次配分 令和2年7月8日 317,212千円
第二次配分 令和2年11月25日 934,068千円
第三次配分 令和3年3月29日 86,802千円
合 計 1,338,082千円

実施計画

 地方創生臨時交付金は、実施計画に掲載した事業に活用することができます。

 本市の実施計画は、こちらをご覧ください。

地方創生臨時交付金の効果の検証

 地方創生臨時交付金を活用した事業の実施状況及び効果の検証については、こちらをご覧ください。

特定事業者等に対する支援の公表について

地方創生臨時交付金を財源とし、特定の個人または事業者等に対する支援のうち、一の個人または事業者等にあたり一定規模(1,000万円)を超えて支援するもの(住民の日常生活を維持するために緊急でやむを得ず行うもの及び支援対象を不特定多数の者から公募手続等を経て選定するものを除く)については、必要性等を市民のみなさまにご理解いただくため、支援内容を公表することとされています。

令和3年10月7日現在で、木更津市においてこの公表要件に該当する支援内容はこちらをご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

企画部 企画課
〒292-8501
千葉県木更津市富士見1-2-1
木更津市役所駅前庁舎 (スパークルシティ木更津8階)
企画政策係 電話:0438-23-7468
企画調整係 電話:0438-23-7428
基地対策係 電話:0438-23-7425
ファクス:0438-23-9338
企画部 企画課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。