東京湾アクアラインを活用した地域づくりの推進

ツイッターでツイート
ラインでシェア

ページ番号1002161  更新日 令和1年6月3日

印刷大きな文字で印刷

木更津市の取組み

1)推進組織

東京湾アクアラインの通行料金の引下げの効果を本市経済の活性化や地域の振興に確実に結び付けていくため、市長を本部長として関係部長で構成する「東京湾アクアライン活用戦略本部」及び関係課長で構成する「東京湾アクアライン活用戦略チーム」を設置して、本市への観光・交流人口の増加、定住人口の増加や産業の振興、企業立地の促進等を図り、もって恒久的な通行料金の引下げの実現に向けて、戦略的に取り組んでいます。

東京湾アクアライン活用戦略本部(平成21年7月16日設置・平成30年4月1日一部変更)

  • 本部長 市長
  • 副本部長 副市長
  • 構成員 総務部長、企画部長、財務部長、環境部長、経済部長、都市整備部長
  • 事務局 企画部地域政策課(地域政策係)

東京湾アクアライン活用戦略チーム(平成21年7月16日設置・平成30年4月1日一部変更)

  • リーダー
    企画部長
  • チーム員
    総務部秘書課長、企画部企画課長、企画部情報政策課長、企画部地域政策課長、財務部財政課長、環境部環境管理課長、経済部農林水産課長、経済部観光振興課長、経済部産業振興課長、都市整備部都市政策課長、都市整備部管理用地課長、都市整備部土木課長
  • 事務局
    企画部地域政策課(地域政策係)

2)「東京湾アクアラインを活用した地域づくり推進事業」の展開

東京湾アクアラインの通行料金の引下げ(ETC装着車、全日・全時間帯)の効果を、着実に本市への観光・交流人口の増加、定住人口の増加や産業利用の拡大、企業誘致の促進等に結び付け、戦略的に本市経済の活性化を図るため、木更津市では「東京湾アクアラインを活用した地域づくり推進事業」を展開しています。

東京湾アクアラインを活用した地域づくり推進連絡協議会

1)協議会の概要

東京湾アクアライン通行料金引下げの恒久化の実現に向け、千葉県南部地域における行政、商工・観光団体及び企業等が相互に連携し、通行料金引下げの効果を産業振興や地域振興に確実に結び付けることを目的に、君津地域4市の首長を発起人に平成21年7月31日に設立。

2)協議会の事業

  1. 通行料金引下げの効果を産業振興や地域振興に確実に結び付けるための会員が行う取組の促進に関すること。
  2. 関連道路網の整備や高速バスの拡充など交通アクセスの向上に向けた提言等の取りまとめに関すること。
  3. 関係諸団体及び会員等の連携及び連絡調整に関すること。
  4. その他目的を達成するために必要なこと。

3)これまでの主な取組

4)平成30年度の主な取組

平成30年10月21日

「東京湾アクアラインを活用した地域づくり推進連絡協議会」による「ちばアクアラインマラソン2018」への出展
<概要>
「ちばアクアラインマラソン2018」において、「東京湾アクアラインを活用した地域づくり推進協議会」の出展ブースを設け、協議会をPRしました。

平成30年4月・平成30年7月・平成31年2月

千葉県県土整備部道路計画課と連携し「南房総地域の観光促進と東京湾アクアラインの利用促進」を図るためのポスターを作成

5)平成29年度の主な取組

平成29年12月17日

「東京湾アクアラインを活用した地域づくり推進連絡協議会」による「東京湾アクアライン・海ほたる20周年記念事業」への出展
<概要>
「東京湾アクアライン・海ほたる20周年記念事業」において、「東京湾アクアラインを活用した地域づくり推進協議会」の出展ブースを設け、協議会をPRしました。

平成30年2月

千葉県県土整備部道路計画課と連携し「南房総地域の観光促進と東京湾アクアラインの利用促進」を図るためのポスターを作成

6)平成28年度の主な取組

平成28年10月23日

「東京湾アクアラインを活用した地域づくり推進連絡協議会」による「ちばアクアラインマラソン2016」への出展
<概要>
「ちばアクアラインマラソン2016」において、「東京湾アクアラインを活用した地域づくり推進協議会」の出展ブースを設け、協議会をPRしました。

平成28年8月・平成29年1月

千葉県県土整備部道路計画課と連携し「南房総地域の観光促進と東京湾アクアラインの利用促進」を図るためのポスターを作成

7)平成27年度の主な取組

平成27年11月19日

「東京湾アクアラインを活用した地域づくり推進連絡協議会」担当者会議の開催
<概要>
協議会のこれまでの活動を報告するとともに、今後の活動方針等について協議しました。
「ちばアクアラインマラソン2016」において、「東京湾アクアラインを活用した地域づくり推進協議会」として大会を共催し、協議会の魅力発信をしていくことを確認しました。

8)平成26年度の主な取組

平成26年10月19日

「東京湾アクアラインを活用した地域づくり推進連絡協議会」による「ちばアクアラインマラソン2014」への出展
<概要>
「ちばアクアラインマラソン2014」において、「東京湾アクアラインを活用した地域づくり推進協議会」の出展ブースを設け、会員11団体が出展しました。

9)平成25年度の主な取組

平成25年5月22日

「東京湾アクアラインを活用した地域づくり推進連絡協議会」による東京湾アクアライン料金引下げの恒久化に向けた国土交通大臣への要望書提出
<概要>
「東京湾アクアラインを活用した地域づくり推進連絡協議会(会長:木更津市長水越勇雄)」は、平成25年度まで継続される「東京湾アクアライン料金引下げ社会実験」終了後において、国策による恒久的な料金引下げの実現に向けて、太田国土交通大臣に要望書を手渡しました。

平成25年11月28日

「東京湾アクアラインを活用した地域づくり推進連絡協議会」による東京湾アクアライン通行料金800円維持に向けた千葉県知事への要望書提出
<概要>
「東京湾アクアラインを活用した地域づくり推進連絡協議会(会長:木更津市長水越勇雄)」は、平成25年度まで継続される「東京湾アクアライン料金引下げ社会実験」終了後における、通行料金800円維持に向けて、千葉県と一層連携して取り組んでいくため、森田千葉県知事に要望書を手渡しました。

平成25年12月10日

「東京湾アクアラインを活用した地域づくり推進連絡協議会」による東京湾アクアライン通行料金800円維持に向けた国会議員への要望書提出
<概要>
「東京湾アクアラインを活用した地域づくり推進連絡協議会(会長:木更津市長水越勇雄)」は、平成25年度まで継続される「東京湾アクアライン料金引下げ社会実験」終了後における、通行料金800円維持に向けて、千葉県選出国会議員10名に要望書を提出しました。

10)平成24年度の主な取組

平成24年11月14日

「東京湾アクアラインを活用した地域づくり推進連絡協議会」による東京湾アクアライン料金引下げの恒久化に向けた千葉県知事への要望書提出。
<概要>
「東京湾アクアラインを活用した地域づくり推進連絡協議会(会長:木更津市長水越勇雄)」は、平成25年度まで継続される「東京湾アクアライン料金引下げ社会実験」終了後において、国策による恒久的な料金引下げの実現に向けて、千葉県と一層連携して取り組んでいくため、森田千葉県知事に要望書を手渡しました。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

企画部 地域政策課
〒292-8501
千葉県木更津市富士見1-2-1
木更津市役所駅前庁舎 (スパークルシティ木更津8階)
地域政策係 電話:0438-38-6782
公共交通係 電話:0438-23-7426
ファクス:0438-23-9338
企画部 地域政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。