夏の星空を観察して、環境保全について考えてみませんか

ツイッターでツイート
ラインでシェア

ページ番号1005191  更新日 令和3年8月10日

印刷大きな文字で印刷

夏の星空観察について

 環境省では、星空観察を通じて屋外照明等による光害(ひかりがい)や大気汚染、環境保全の重要性について関心を深めていただくことに加え、良好な大気環境や美しい星空を地域資源としても活用していただくこと目指し、夏と冬の星空観察を推進しています。

 今回、夏の星空観察を御案内いたしますので、この機会に、是非、星空の観察に取り組んでみてください。

令和3年度 夏の星空観察の内容

1.肉眼による観察

 観察期間:令和3年8月29日(日曜)~同年9月7日(火曜)
 観察時間:日没1時間半後~

(1)「天の川」の観察
 高度の異なる天の川の3部分(はくちょう座付近、たて座付近、いて座付近)を観察するものです。
 ※別紙1「天の川観察シート」を用いて観察してください。

(2)GLOBE AT NIGHTへの参加によるはくちょう座周辺の星の観察
 GLOBE AT NIGHT(夜空の明るさ世界同時観察キャンペーン)は国際ダークスカイ協会(IDA)などの主催で2006年より実施されている取組であり、夜空を見上げていただき、その見え方が観察シートにある8つの星座のどれに一番近いかを観察するものです。観察結果を、国際ダークスカイ協会(IDA)のウェブサイトに報告すると、世界中にデータが共有され、世界のどこで星座がはっきり見えるかが明らかになります。今回の夏の観察においては、はくちょう座を実施してください。
 ※別紙2「GLOBE AT NIGHT観察シート」を用いて観察してください。

2.デジタルカメラによる夜空の明るさ調査

 デジタルカメラを用いて天頂付近の星空を撮影し、星空の見やすさを客観的に評価する調査を行います。評価の対象は、デジタルカメラの撮影データから算出される「夜空の明るさ」とします。

観察期間:令和3年8月28日(土曜)~9月10日(金曜)
観察時間:日没1時間半後~3時間半後の2時間
データ投稿期間:令和3年8月28日(土曜)~同年9月30日(木曜)

(1)継続観察登録地点の調査
 撮影データを報告サイトを通じて環境省にご提出いただき、詳細に解析を行い夜空の明るさを数値として算出します。解析結果は、後日、観察場所ごとに環境省ホームページに公表します(個別に結果をお知らせすることはありません)

(2)継続観察登録地点以外の調査
 昨年度までの調査において正しく分析されたカメラ機種に限り、報告サイトに御投稿いただく撮影データを自動解析し、速報値を算出し投降後に即時表示します。
 ※カメラの対応機種や撮影時の設定、データの条件等については、報告サイトを御確認ください。

参加方法などの詳細については、下記リンクの環境省ホームページを御覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

環境部 環境管理課
〒292-0838
千葉県木更津市潮浜3-1 (クリーンセンター内)
環境政策係 電話:0438-36-1443
環境保全係 電話:0438-36-1443
生活衛生係 電話:0438-36-1432
ファクス:0438-30-7322
環境部 環境管理課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。