市長のひとこと(平成31年度・令和元年度)

ツイッターでツイート
ラインでシェア

ページ番号1004377  更新日 令和1年8月19日

印刷大きな文字で印刷

令和元年8月16日

やっさいもっさいの様子

やっさいもっさいの様子


花火の様子

事後清掃の様子


 8月14日・15日の2日間、木更津市の夏の大イベント「第72回木更津港まつり」が開催されました。
 14日の「やっさいもっさい踊り大会」では、82連、4,311人という多くの踊り手にご参加いただき、木更津駅みなと口は活気にあふれました。
 15日の花火大会では、今年も木更津ならではの尺玉・大玉の連発や、特大スターマイン、2尺玉5発の打ち上げのほか、音楽付き花火、 尺玉連発付水中花火など、約1万4千発の豪華な花火が木更津の夜空を彩り、令和元年にふさわしい花火大会をお楽しみいただけたのではないでしょうか。
 スポンサーの皆様方の多大なるご協力と、関係者の皆様のご理解・ご協力、また、ゴミの持ち帰りやクリーンタイム、ボランティア清掃等にご協力いただいた方々に、改めて敬意と感謝を申し上げます。ありがとうございました。

令和元年8月15日

入港船の船内の様子

入港船の様子


 8月15日、木更津港に入港した船舶を訪問してまいりました。
 入港船訪問は、港まつりの一環として、毎年行っているもので、今年は、ブラジルからはるばる鉄鉱石を運んできた「NSUプライド号」を訪問し、港まつり関係者とともに乗組員を歓迎いたしました。
 木更津は、古くから港とともに栄えてきたまちです。戦後の混乱の中で復興に励んだ市民の皆さまの心のやすらぎと、木更津港の開発に力を尽くされた先覚者の慰霊を目的として昭和23年から始まった「木更津港まつり」も、今回で72回を迎えました。港まつりの趣旨をご理解いただき、物心両面にわたる多くの皆さまからの温かいご支援と関係各位のご尽力に、深く感謝申し上げます。

令和元年7月29日

ダナン市との友好協力関係構築に関する覚書の締結

ダナン超日文化交流フェスティバル2019


 7月25日から28日の4日間、ベトナム社会主義共和国 ダナン市を訪問し、友好協力関係構築に関する覚書を締結してまいりました。
 ダナン市は、ベトナム中部に位置し、人口100万人を超えるベトナム第3の都市で、近年、高級ホテルが続々と進出している注目のリゾート地です。
 今回は、市議会議長や経済界の関係者など総勢22名で訪れ、覚書の締結のほか、産業振興や観光に関する視察・交流、本市のPRを行うなど、大変実りの多い訪問となりました。
 覚書の締結により、今後、両市の経済、文化、観光、人材交流など、さまざまな分野における取り組みを進めてまいりたいと考えています。
 

令和元年7月22日

災害

災害


 株式会社新日本海洋社君津支店と「船舶等火災における消火等の協力関する協定」を締結いたしました。
 本市では、大型外航クルーズ船の誘致に取り組んでいるところですが、一方で、重要港湾である木更津港における火災等の災害が懸念されることから、消防艇の整備等による対応が必要となっていました。
 しかしながら、港湾における大規模災害への対応については、単独市町村の消防力のみでは不十分であり、他の消防機関との広域的な連携はもちろん、民間企業との協力も大変重要です。
 今回の協定締結は、港湾における船舶の安全と市民等の命を守るためにも必要不可欠なものです。関係者の皆様に厚く御礼を申し上げるとともに、木更津港の安全と更なる発展を祈念したいと思います。

令和元年7月20日

ブルーべりー

ブルーベリー


 木更津市観光ブルーベリー園協議会主催の「ブルーベリー園開園祭り」に行ってまいりました。
 木更津の「ど根性栽培」のブルーベリーは、今や本市の重要な体験型観光資源となっており、昨年のブルーベリー摘みの来園者数は、約1万2千人を超えたとのことです。
 今年も一人でも多くのお客様に「安全・安心・美味しい」完熟ブルーベリーを味わっていただき、木更津の旬を感じていただけるよう、積極的にPRしてまいりたいと考えております。

令和元年7月16日

ジェイコム

ジェイコム


 株式会社ジェイコム千葉木更津局と「災害発生時における地域支援のための人員及び車両等の提供に関する協定」を締結いたしました。
 市では、防災体制の充実強化に努め、災害に強いまちづくりに取り組んでおりますが、災害が発生した場合、多くの物資や マンパワーが求められ、本市の保有する物資や職員のみでは限りがあることから、市民や企業の皆さんとの連携強化が重要であると考えております。
 今回の協定締結により、災害時に物的、人的支援をいただけることは、大変心強く感じており、関係者の皆様には、厚く御礼を申し上げます。

令和元年7月7日

市長説明

当日の様子


 「未来木更津市2019~木更津まちづくりコンテスト~」のキックオフイベントを開催しました。
 このコンテストは、「10年後の木更津を創るのは君だ!」というコンセプトのもと、15歳から39歳の若い皆さんから、私たちの発想の転換を促すような斬新な提案がされることを期待して開催するもので、本市では初めての取り組みです。
 申込みをいただいた12チーム、58名の皆さんには、木更津市長になりきって、どんな木更津市を、どうやって、どのくらいの予算で創るかを発表し、競い合っていただきます。
 斬新で素晴らしいアイデアは、積極的にまちづくりに取り入れたいと考えています。9月28日のコンテスト本番が楽しみです。

令和元年7月6日

ハワイ


 「KISARAZU × HAWAII LIFESTYLE MARKET 2019 in オーガニックシティきさらづ」が三井アウトレットパーク木更津を会場に開催されました。
 今年で4回目を迎えるこのイベントは、自然と共生するハワイのオーガニックライフスタイルを感じながら、未来を担う子どもたちが楽しみ学べるブースが出展されたほか、さまざまな催しが開催され、ご来場いただいた多くの皆さんにお楽しみいただけたものと思います。
 本市では、平成28年から「オーガニックシティ」を掲げ、「自立・循環・共生」をテーマに、人と自然が調和した持続可能なまちづくりに取り組んでおりますが、未来を担う子どもたちのためにも、自然と共生した、健康で持続可能なライフスタイルを送ることができるまちをめざし、取り組んでまいりたいと思っております。

令和元年7月1日

きさぽん

きさぽん


 市民等からのお問い合わせに24時間・365日対応するために、FAQ検索システム(お問い合わせ自動応答)を構築したうえで、AI(人工知能)を活用したチャットボット(自動会話プログラム)を導入し、市公式ホームページ及び市公式アプリ「らづナビ」からご利用いただけるようにいたしました。
 AIチャットボットは、きさポンが皆さんからの質問に自動会話形式で答えるというもので、キーワードや質問を入力することにより、それに近いと思われる回答ををきさポンがお答えします。
 市役所の業務や手続きなどでご不明な点がございましたら、ぜひご利用いただきたいと思います。

令和元年6月23日

会場の様子

会場の様子


 木更津市初の陸上競技場である「木更津市営江川総合運動場陸上競技場」のオープニングイベントを開催しました。
 陸上競技場の建設については、長年多くのご要望を頂き、市としても念願でしたが、この度、多くの関係者の皆様のご協力を頂いて、この日を迎えることができました。
 この施設が、市民の皆様のスポーツを楽しむ場、健康づくりの場として長きにわたり親しまれるよう取り組んでまいりますので、ぜひ、多くの方にご利用いただきたいと思います。
 また、本市が、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の事前キャンプ地に決定したナイジェリア選手団には、この鮮やかなブルートラックをコンディション調整の場としてご活用いただき、さらに大会において素晴らしい成績を残せるよう、市を挙げて応援したいと考えています。

令和元年5月24日

 本日、原田防衛副大臣が来庁し、陸上自衛隊が導入するV-22オスプレイを木更津駐屯地に暫定配備することについて、防衛省から説明がありました。
 市としては、暫定配備後の訓練内容や安全性、生活環境への影響等について、改めてしっかりと説明を聞きたいと考えており、防衛省に対して、まずは、市議会への説明や市民の皆様への直接の説明の機会を設けていただけるよう要請しました。
 市民の安全・安心を確保することが市の重要な役割でありますので、このような観点から、今般の暫定配備の要請については、市民の皆様の意見を伺いながら、市議会や千葉県と相談し、受入の可否について十分検討してまいります。

令和元年5月23日

報告会の様子

報告会 集合写真


 5月23日、東京オリンピック・パラリンピック競技大会に係る「ナイジェリア連邦共和国との事前キャンプ覚書締結報告会」を開催いたしました。
 ナイジェリアには、2013年の「西アフリカフェスティバルin木更津」をきっかけに、事前キャンプの実施を働きかけておりました。今回、事前キャンプ地として本市を選んでいただいたことを大変光栄に思っております。
 事前キャンプの実施は、国際交流の進展、スポーツや教育・文化の向上に繋がる機会の創出となるとともに、世界水準の選手を身近に感じ、接する機会が得られることは、未来を担う子どもたちにとって、何ごとにも代えがたい財産になるものと考えており、今から大きな期待を寄せております。
 今後は、ナイジェリアチームが良い成績を残せるよう、精いっぱいのお手伝いをさせていただくとともに、市を挙げてチームを応援したいと考えております。

令和元年5月20日

干潟クリーン作戦の様子

干潟クリーン作戦での挨拶


 5月19日、盤洲干潟をまもる会、日本野鳥の会千葉県主催の「干潟クリーン作戦」に参加してまいりました。
 東京湾で唯一の自然干潟である盤洲干潟の貴重な生態系や景観を守るため、222名という多くの皆様にご参加いただき、1,830キログラムものゴミを回収することができました。
 夏のような陽気の下、ご参加いただきました皆様には、大変お疲れ様でした。

令和元年5月8日

内外調整調査会市長講演の様子

内外情勢調査会


 5月8日、木更津ビューホテルにて「内外情勢調査会南房総支部特別懇談会」が開催されました。
 「地域資源を活用した観光戦略を語る」~持続可能なまち・地域をめざして~をテーマに、君津地域4市の市長が講演を行いました。私も「房総の新たなゲートウェイとして」と題して、本市の観光施策の現状と今後の方向性等について、お話させていただきました。
 今後も地域活性化のため「観光によるまちづくり」を進めてまいりますので、皆さまのご協力をお願いいたします。
 

平成31年4月22日

世界首長誓約署名式

誓約書


 4月22日、「世界首長誓約/日本」署名式を行いました。
 「世界首長誓約」とは、EU地域を中心に約9,300の自治体の首長が、2016年に発効された地球温暖化・気候変動に対処する国際的枠組みである「パリ協定」の目標達成に地域から貢献しようと誓約しているもので、日本では2019年4月現在で20の自治体が誓約を行っています。
 本市では、人と自然が調和した持続可能なまちとして、次世代に継承しようとする取り組みである、オーガニックなまちづくりを推進しており、第3次木更津市地球温暖化対策実行計画を策定するなど、温室効果ガスの削減にも取り組んでおります。
 この度、千葉県内では初となるこの誓約書に署名をさせていただき、新たなメンバーとして加わりましたことは、本市として、大変光栄なことであるとともに、身の引き締まる思いであります。本市を未来に責任持って引き継ぐためにも、温室効果ガスの削減等、誓約事項を達成してまいりたいと考えておりますので、引き続きご支援・ご協力をいたします。

平成31年4月8日

委嘱状交付の様子

会場の様子


 4月7日、第19期青少年相談員退任式及び第20期青少年相談員委嘱状交付式を開催いたしました。
 本市の青少年相談員は、各小学校区を単位とした地区活動を中心に、青少年の相談役として、また、青少年と共に行動する地域の青少年活動の指導者として、スポーツやボランティア活動、社会環境の浄化等、幅広い青少年健全育成活動を行っていただいております。
 退任された64名の皆様には、地域の指導者として、引き続きお力添えをお願いいたします。また、委嘱させていただいた111名の皆様には、これから3年間、地域の青少年健全育成の要としてご活躍いただきますようお願いいたします。

平成31年4月1日

第2次基本計画表紙


 新年度が始まりました。
 同時に、2022年度までを計画期間とする「木更津市第2次基本計画」がスタートしております。この計画では、これからの4年間を新たなステージに向かう大切な変革期と捉え、未来に向けた 発想の転換による「イノベーション(変革)」を意識しながら、市民のチャレンジが育まれ、人・もの・文化が循環し、自立した地域をつくる「地域創生」を推進していくこととしております。
また、「人がつながり支え合うまちづくり」、「多様な地域資源を磨くまちづくり」、「ふるさとの未来に責任を持つまちづくり」の3つを、今後4か年で特に重点的に取り組むテーマとして設定し、オーガニックなまちづくりのステップアップを図るため、職員一丸となって各施策に取り組んでまいりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

総務部 秘書課
〒292-8501
千葉県木更津市富士見1-2-1
木更津市役所駅前庁舎 (スパークルシティ木更津8階)
秘書係 電話:0438-23-7044
ファクス:0438-23-9338
総務部 秘書課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。