清見台公民館

ツイッターでツイート
ラインでシェア

ページ番号1002004  更新日 令和1年10月1日

印刷大きな文字で印刷

10月の「ふるさと講座」(移動教室)は、中止いたします。

10月3日(木曜)に実施を予定しておりましたふるさと講座「馬来田地区への移動教室」は、台風15号の影響により中止させていただきます。ご了承ください。
なお、当日、清見台公民館において、午後1時から受講生による臨時の運営会議を行います。

清見台南3・4・5丁目防災訓練中止のおしらせ

10月6日(日曜)に実施を予定しておりました清見台南3・4・5丁目防災訓練は、同日開催の木更津市防災訓練が台風15号の影響により延期されることとなったため、実施を見合わせることにいたします。
なお、延期を含めた今後の対応につきましては、3町内会ほか関係役員等で協議の上、あらためてご案内いたします。
<お問い合わせ>清見台公民館まで 電話98-7654

地域の防災力を高めるために!

第2回地区防災講座を開催しました。

グループワーク
災害発生直後の対応やその後の行動について話し合うグループワークの様子

9月7日(土曜)、清見相里会と清見台南町内会の2地区を対象に、住民の防災意識の向上及び各町内の防災に関する取組促進を図ることを目的に、第2回地区防災講座が開催されました。
今回は、NPO法人(ゆかいな仲間たち 白尾克信氏ほか)を講師に招き、グループワークや講義を通して、大規模災害時の避難行動や避難生活に必要な知識と心構え、対応について学習しました。

認知症について 知ろう! 考えて見よう!

2019 くらしのサポート講座 受講者募集

 今地域では、一人暮らしの高齢者や高齢者だけで暮らす世帯など、家の中に引きこもったり、地域との関わりが疎遠になりがちな高齢者が、ますます増える傾向にあります。また、近い将来、高齢者(65歳以上)の5人に1人が認知症になるとも言われています。
 そこで、今後さらに増え続けることが予想される高齢者が、住み慣れた地域で元気な毎日を送るために、必要な知識を学び、望ましい暮らし方を考えるために、2019「くらしのサポート講座 ~認知症について知ろう!考えてみよう!~ (5回連続講座)を開催いたします。
 長寿社会を迎えて、認知症の人もそうでない人も、老若男女誰もが、地域で安心して豊かに暮らしていくためにはどうしたらよいのか、いっしょに考えてみませんか。

※講座の内容に関する詳細、お申込みは、添付の「くらしのサポート講座」ちらしをご覧ください。

<前期>第1回地区防災講座を開催しました。

防災を日常生活に取り入れ、できることから始めよう!

防災講座受講風景
防災講座で講師の話に熱心に耳を傾ける地域の皆さん

 令和元年度前期地区防災講座の第1回が7月20日土曜日、午後6時30分から清見台公民館で開催されました。
 当日は、清見台南町内会と清見相里会の二つの町内(地区)から約50名の方が受講。災害ボランティアコーディネーターの高橋邦夫さんと市の危機管理課職員を講師に招いて、防災に対する日常の備えと自主防災組織の制度について詳しくお話しをうかがいました。
 受講者のアンケートには、「自助と共助の大切さがよくわかり、防災が身近に感じられた。」「ある程度の備えはしているつもりだったが、まだまだ不十分。」「家で自分がやれることからやっていきたい。家族で話し合いたい。」など、多くの感想や今後取り組みたいことが書かれており、改めて防災への理解を深める良い機会になりました。
 第2回は、「災害時の非難行動と避難生活」をテーマに、9月7日土曜日、午後6時30分から清見台公民館で行います。

住民会議で学区内の危険箇所をパトロール

子ども会の子どもたちも、公民館の花壇に花の苗を植えてくれました!

 7月13日土曜日の午前中、青少年育成太田中学区住民会議(以下、住民会議)による学区内のゴミ拾いを兼ねた危険箇所パトロールが行われました。
 当日は、住民会議のメンバー約30名に加え、清見台交番からも警察官が参加。清見台、太田、東太田、請西の一部の区域の通学路を中心に5つのコースに分かれて、途中空き缶などのゴミを拾いながら、歩道の側溝や空き家となった建物など危険と思われる場所を、約1時間かけて点検しました。
 また、その日の同じ時間には、南町、相里、太田、東太田の子ども会の子どもたちが、清見台小学区青少年相談員と一緒に、清見台公民館の花壇に花の苗を綺麗に植えてくれました。

第19回清見台通学合宿 終了!

楽しさいっぱいの3泊4日を過ごすことができました。

防災体験学習(東日本大震災の体験談を聴く)
通学合宿で、3.11東日本大震災を間近に体験した地域の方から話を聴く子どもたち

 6月30日日曜日から7月3日水曜日まで、清見台公民館に寝泊りしながら小中学校に通う、第19回清見台通学合宿が開催され、清見台小学校、南清小学校、太田中学校、合わせて20名の小中学生が参加して、思い出に残る楽しさいっぱいの3泊4日間を過ごしました。
 期間中は、木更津工業高等専門学校の学生12名も子どもたちのサポーターとして一緒に参加。加えて、太田中学区青少年育成住民会議を中心とする多くの地域の方や公民館利用者有志の皆さんが、ボランティアとして子どもたちの見守りや活動の支援を行ってくださいました。
 参加した子どもたちにとっては、普段できない体験や活動を通して自ら考え行動したり、感謝の気持ちを伝えながら過ごすことで、いろいろなことを学んだり、気づくことができた貴重な機会になったのではないかと思います。
 最終日、退所式で各自の感想を述べてくれた子どもたちの、いつもとは違う元気な姿が印象に残りました。
 

清見台公民館避難所運営ゲーム(HUG)を実施!

災害時に避難所で起り得る状況や対応について理解を深める

清見台公民館避難所運営ゲーム(HUG)

 清見台・太田地区防災連絡協議会では、6月16日日曜日の午前9時から、日赤県南災害ボランティア代表の山岸俊一郎氏他赤十字ボランティアの方々を講師・スタッフに招いて、地震等の大災害発生時に避難所となる清見台公民館の避難所運営ゲーム(HUG)を実施しました。
 清見台公民館の避難所運営マニュアルに基づき、実際の避難所運営に関わる町内会や自主防災会の役員、地域の方々など約50名が参加。様々な課題を抱えた大勢の避難者が次々と避難してくることをイメージしながら、起こり得る状況や対応の仕方について一人一人が考え、心構えを習得する良い機会になりました。
 同協議会は、今回の実施結果を踏まえて、今後課題を検討していくとともに、10月予定の避難(避難所開設)訓練開催に向けて、準備を進めていくことになっています。

清見台公民館関係団体連絡会による環境美化活動

公民館敷地内の除草作業を実施しました。

清見台公民館関係団体による公民館の除草作業

 清見台公民館関係団体連絡会では、6月17日月曜日午前9時から、清見台公民館敷地内の除草作業を行いました。
清見台公民館を利用する4サークルと南町町内会(輪番制による今回の担当)の18名が参加。約1時間余りの作業で、花壇や植込みの中の雑草をきれいに取り除いてくれました。
 今年度から始まった同連絡会による環境美化活動は、年4回計画されており、次回は10月に行われます。

9月の公民館だより(第417号)を発行しました!

第36回清見台地区文化祭の会議の様子や、「脱!冷え性講座」の募集、文化祭ミニイベント「健康吹矢の初心者向け体験会」の開催、金鈴塚古墳公開シンポジウムの案内、太田山公園・恋の森でのイベントのお知らせ、募集案内などを掲載。
公民館だよりに関するお問い合わせは、清見台公民館までお願いいたします。
電話 0438-98-7654 ファクス0438-98-7142
メール kiyomidai-k@city.kisarazu.lg.jp

公民館だよりバックナンバー(1年分)

清見台公民館の仕事

社会教育法(昭和24年法律第207号)第22条に規定する業務に関すること。

  1. 定期講座を開設すること。
  2. 討論会、講習会、講演会、実習会、展示会等を開催すること。
  3. 図書、記録、模型、資料等を備え、その利用を図ること。
  4. 体育、レクリエーション等に関する集会を開催すること。
  5. 各種の団体、機関等の連絡を図ること。
  6. その施設を住民の集会その他公共的利用に供すること。

SDGsの達成に向けた取組

目標4 質の高い教育をみんなに

清見台公民館の担当ページ

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 清見台公民館
〒292-0042
木更津市清見台南5-1-29
電話:0438-98-7654
ファクス:0438-98-7142
教育委員会 清見台公民館へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。