乳がん検診

ツイッターでツイート
ラインでシェア

ページ番号1004211  更新日 令和3年9月1日

印刷大きな文字で印刷

集団検診の2次募集を受付中です

定員に達していない日程について、2次募集を受け付けます。
募集している日程については、電話(0438-23-8363 午前9時から午後4時)でお問い合わせください。

年齢により検査内容が異なりますので、必ず下の検査方法と対象者で検査内容をご確認の上、お申込みください。

検査方法と対象者

 年度末(令和4年3月31日時点)年齢で受けられる検査が決まっています。
下の表でご確認ください。

年度末年齢

生年月日

検査種別

実施方法

30~39歳

昭和57年4月1日~平成4年3月31日 エコー

集団

40~42歳

昭和54年4月1日~昭和57年3月31日 マンモ2方向

個別

43歳

昭和53年4月1日~昭和54年3月31日 エコー

集団

44歳

昭和52年4月1日~昭和53年3月31日 マンモ2方向

個別

45歳

昭和51年4月1日~昭和52年3月31日 エコー

集団

46歳

昭和50年4月1日~昭和51年3月31日

マンモ2方向

個別

47歳

昭和49年4月1日~昭和50年3月31日 エコー

集団

48歳

昭和48年4月1日~昭和49年3月31日 マンモ2方向

個別

49歳

昭和47年4月1日~昭和48年3月31日 エコー

集団

50歳以上

昭和47年3月31日以前生まれ マンモ1方向

集団

エコー(超音波検査)

 専用のゼリーを塗って超音波機器を乳房に当て乳房の内部を観察します。乳腺が発達した比較的若い女性に有効であり、痛みはほとんど感じません。

マンモグラフィ(X線検査)

 マンモグラフィは乳房専用のレントゲン(X線)検査です。圧迫版で乳房をはさみ、薄く乳房を伸ばして撮影します。検査は多少の痛みを伴いますが、長く痛みが残ることはありません。
 乳腺の発達している若い世代は、がんと乳腺の判別が難しいため、40歳以上の方が対象です。
 また、40歳代のマンモグラフィ検査は2方向撮影(内外斜位方向撮影と頭尾方向撮影)となります。

レディースがん検診

 乳がん検診と子宮頸がん検診のセット検診(集団)です。(2次募集はしておりません。)
 セット検診のため、両方受ける人のみ申込めます。生理不順等で子宮頸がん検診を受診できない可能性のある人は、乳がん検診と子宮頸がん検診を別日に受診してください。

個別検診の申込方法

1 市ホームページの申込みフォーム
 ・入力したメールアドレス宛に、健康推進課kensui@city.kisarazu.lg.jpより、返信メールが送信されますので、受信ができるよう設定をしてください。(この下の「申込みフォーム マンモグラフィ2方向撮影」にあります。)

2 ハガキ等による郵送
 ハガキ等に、「マンモグラフィ検査希望」と書いて、住所、氏名(フリガナ)、生年月日、年齢(令和4年3月31日時点)、日中連絡の取れる電話番号、健康推進課(〒292-8501 木更津市朝日3-10-19 木更津市健康推進課 がん検診担当)まで郵送してください。

3 電話
 健康推進課がん検診専用電話 0438-23-8363 で申し込み。
 受付時間は、平日午前9時から午後4時までです。

集団検診申込みの注意事項

・先着順で午前の早い時間からご案内します。
・午前の予約枠が定員とならなかった場合、午後の検診はありません。
・申込期間内であっても、定員になりしだい受付終了となります。
・なるべく第5希望日まで記入してください。希望日が全て定員に達していた場合、その他の日程でご案内します。
・予約変更は、受診票到着後に電話でご相談ください。

申込みフォーム

マンモグラフィ 2方向撮影

対象者は、令和4年3月31日時点の年齢が、40から42歳、44、46、48歳の女性です。
41歳の人(昭和55年4月2日から昭和56年4月1日生まれ)は、無料クーポン券対象です。6月下旬頃、無料クーポン券を郵送しますので申込みは不要です。
申込期間は、6月14日(月曜)8時30分から令和4年3月10日(木曜)17時までです。

エコー(超音波)検査

内容

問診、エコー(超音波)検査

対象者

令和4年3月31日現在で30から39歳、43、45、47、49歳の女性市民

自己負担金

エコー(超音波)検査 900円

レディースがん検診 1,600円(900円+子宮頸がん検診700円)

検診実施場所

市役所朝日庁舎 別棟 「健診室」

定員 120人

検診結果

1か月から1か月半後に郵送します。

受診できない人

(1)胸にしこりがあるなど自覚症状がある人

(2)乳がんやその他の所見で、通院中、治療中、医療機関受診を勧められている人または通院や治療等を自己中断された人

(3)過去に市の診察を受け、要精密検査になったが医療機関を受診していない人

(4)豊胸手術(シリコン等)を受けた人(除去後1年以内も含みます)

妊娠中の人

妊娠中の人は、妊娠経過が順調で10分程度仰向きの体制を保持することが可能であれば受診できます。

 

マンモグラフィ 2方向撮影

内容

問診、マンモグラフィ(X線検査)2方向撮影

対象者

令和4年3月31日現在で、40から42歳、44、46、48歳

自己負担金

1,600円

検診実施場所

協力医療機関

検診期間

7月1日(木曜)から令和4年3月31日(木曜)まで

検診結果

受診医療機関より報告します

受診ができない人

(1)妊娠中またはその可能性のある人

(2)胸にしこりがあるなど自覚症状がある人

(3)乳がんやその他の所見で、通院中、治療中、医療機関受診を勧められている人または通院や治療等を自己中断された人

(4)過去に市の診察を受け、要精密検査になったが医療機関を受診していない人

(5)豊胸手術(シリコン等)を受けた人(除去後1年以内も含みます)

(6)ペースメーカーを装着している人

(7)V-Pシャント(脳室―腹腔シャント)を挿入されている人

(8)CVポート等胸部に医療機関等が挿入されている人

(9)肺や心臓、肋骨の手術を1年以内に受けた人

 

マンモグラフィ 1方向撮影

内容

問診、マンモグラフィ(X線検査)1方向撮影

対象者

令和4年3月31日現在で50歳以上の女性市民

自己負担金

マンモグラフィ 800円

レディースがん検診 1,500円(800円+子宮頸がん検診700円)

検診実施場所

市役所朝日庁舎 別棟 「健診室」や公民館

定員 150人

検診結果

1か月から1か月半後に郵送します。

受診ができない人

(1)妊娠中またはその可能性のある人

(2)胸にしこりがあるなど自覚症状がある人

(3)乳がんやその他の所見で、通院中、治療中、医療機関受診を勧められている人または通院や治療等を自己中断された人

(4)過去に市の診察を受け、要精密検査になったが医療機関を受診していない人

(5)豊胸手術(シリコン等)を受けた人(除去後1年以内も含みます)

(6)ペースメーカーを装着している人

(7)V-Pシャント(脳室―腹腔シャント)を挿入されている人

(8)CVポート等胸部に医療機関等が挿入されている人

(9)肺や心臓、肋骨の手術を1年以内に受けた人

 

自己負担金が無料となる人

(1)70歳以上(昭和27年3月31日以前生まれ)の人は無料(申請不要)です。

(2)市民税非課税世帯(同一世帯に属する全員が市民税非課税であること)に属する人は、検診希望日より前に健康推進課へ申請が必要です。持ち物:印かん

(3)生活保護世帯に属する人は社会福祉課から証明書を発行してもらい(発行には印かんが必要です)、検診日当日にお持ちください。

※(2)(3)に該当する人であっても、検診日より前に手続きがない場合は有料となります。

(4)無料クーポン券の対象者

 乳がん検診(昭和55年4月2日から昭和56年4月1日生まで)
 令和3年6月下旬発送 有効期間は令和3年7月1日から12月31日まで

乳がんの症状

下記のような症状があれば、検診を待たずに医療機関を受診しましょう

 しこりを形成するがんが最も多いのですが、がんの性質によっては、しこりを作らない場合もあります。また、乳首から分泌物が出て、それが血性であれば要注意です。その他、左右の乳房の大きさが極端に違う、乳首にひきつれがあり、位置に左右差がある等、気になる症状があるときは、ためらわずに乳腺外科を受診しましょう。

乳がんの発生要因と予防

発生要因

女性ホルモン 体内のエストロゲンが多いこと、経口避妊薬の使用、閉経後のホルモン補充療法
妊娠出産 初経年齢が低い、閉経年齢が遅い、出産経験がない、初産年齢が遅い、授乳経験がない
生活習慣 飲酒、閉経後の肥満、身体活動度が低いこと
その他 第一親等(自分の親または子)で乳がんになった血縁者がいる、良性乳腺疾患にかかったことがある、マンモグラフィで高濃度乳房であることがわかる、身長が高い、放射線による正常細胞への障害

予防と検診

(1) 予防
 乳がんを予防するためには、飲酒を控え、閉経後の肥満を避けるために体重を管理し、身体活動度を高めることがよいと考えられています。
 また、入浴をする際などに鏡で左右差をチェックする、乳房を触る習慣を身につけることが大切です。
(2) 検診
 30歳以上の方は1年に1回、乳がん検診を受けましょう。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

健康こども部 健康推進課
〒292-8501
千葉県木更津市朝日3-10-19
木更津市役所朝日庁舎 (イオンタウン木更津朝日2階)
母子保健係 電話:0438-23-1300
成人保健係 電話:0438-23-8376
 電話:0438-23-8363
栄養歯科係 電話:0438-23-8379
予防係 電話:0438-38-6981
新型コロナウイルス感染症対策係 電話:0438-38-4876
ファクス:0438-25-1350
健康こども部 健康推進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。