乳がん検診

ツイッターでツイート
ラインでシェア

ページ番号1004211  更新日 令和2年7月1日

印刷大きな文字で印刷

乳がん検診の受付は、終了いたしました。

2次募集の実施はありません。

クーポン対象者の集団検診受付を開始します。

7月1日~10日までは、クーポン対象者(昭和54年4月2日生~昭和55年4月1日生の女性)専用です。
必ず、通信欄に受診券番号を記入してください。

新型コロナウイルス感染症拡大防止について

 国は、感染防止のため実施すべき事項や利用者が遵守すべき事項を予め準備するよう求めています。また、利用者を含む関係者全員が感染防止のために取り組むことが必要であることから、下記について市民の皆様にご理解とご協力をお願いします。

  • 新型コロナウイルス感染状況により、延期・中止、定員の縮小をする場合があります。健康推進課へお問い合わせください。
  • 感染症対策として以下の対策を実施します。そのため、通常よりも時間がかかること、定員に達し次第お断りすることを、あらかじめご了承ください。

(1)来場時:体調確認および検温を行い、入室時に手指消毒をお願いします。
(2)会場内:窓を開放し、事業実施中も定期的に机や椅子などの消毒を行います。
(3)待 機:密を避けるため、会場内では今までよりも間隔を開けてお待ちください。
 多数の希望者が来場された場合は安全のため、入場制限をします。会場以外(例:自家用車など)でお待ちください。

以下(1)~(4)に該当する場合は検診を見合わせてください

(1)体温測定をし、37.5度以上ある人、解熱剤等を内服している人(ただし、37.5度以下であっても、平常時よりも高い場合は見合わせてください)
(2)本人または同居の家族等に、発熱や体調不良(咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁、鼻閉、頭痛、関節・筋肉痛、下痢、嘔気、嘔吐、味覚障害、臭覚障害など)のある人
(3)2週間以内に、本人または同居の家族等が海外渡航された人
(4)本人または同居の家族等に、新型コロナウイルス感染症の患者やその疑いのある患者と濃厚接触した恐れのある人

受診の際の注意事項

  • マスクを着用し、必要最低限の人数でお越しください。

乳がんの症状

下記のような症状があれば、検診を待たずに医療機関を受診しましょう

 しこりを形成するがんが最も多いのですが、がんの性質によっては、しこりを作らない場合もあります。また、乳首から分泌物が出て、それが血性であれば要注意です。その他、左右の乳房の大きさが極端に違う、乳首にひきつれがあり、位置に左右差がある等、気になる症状があるときは、ためらわずに乳腺外科を受診しましょう。

乳がんの発生要因と予防

発生要因

女性ホルモン 体内のエストロゲンが多いこと、経口避妊薬の使用、閉経後のホルモン補充療法
妊娠出産 初経年齢が低い、閉経年齢が遅い、出産経験がない、初産年齢が遅い、授乳経験がない
生活習慣 飲酒、閉経後の肥満、身体活動度が低いこと
その他 第一親等(自分の親または子)で乳がんになった血縁者がいる、良性乳腺疾患にかかったことがある、マンモグラフィで高濃度乳房であることがわかる、身長が高い、放射線による正常細胞への障害

予防と検診

(1) 予防
 乳がんを予防するためには、飲酒を控え、閉経後の肥満を避けるために体重を管理し、身体活動度を高めることがよいと考えられています。
 また、入浴をする際などに鏡で左右差をチェックする、乳房を触る習慣を身につけることが大切です。
(2) 検診
 30歳以上の方は1年に1回、乳がん検診を受けましょう。

乳がん検診のご案内

検査方法と対象者

 年齢により、検査方法が違います。

検査方法

対象年齢(令和3年3月31日時点の年齢)

乳房超音波検査(エコー) 

30歳から39歳、43,45,47,49歳

乳房X線検査(マンモグラフィ) 

40歳から42歳、44,46,48,50歳以上

乳房超音波検査(エコー)

 専用のゼリーを塗って超音波機器を乳房に当て乳房の内部を観察します。乳腺が発達した比較的若い女性に有効であり、痛みはほとんど感じません。

乳房X線検査(マンモグラフィ)

 マンモグラフィは乳房専用のレントゲン(X線)検査です。圧迫版で乳房をはさみ、薄く乳房を伸ばして撮影します。検査は多少の痛みを伴いますが、長く痛みが残ることはありません。乳腺の発達している若い世代は、がんと乳腺の判別が難しいため、40歳以上の方が対象です。

レディースがん検診

 乳がん検診と子宮頸がん検診のセット検診です。
 セット検診のため、両方受ける人のみ申込めます。生理不順等で子宮頸がん検診を受診できない可能性のある人は、乳がん検診と子宮頸がん検診を別日に受診してください。

乳房超音波検査(エコー)

名称

乳房超音波検査(エコー)

内容

問診、乳房超音波検査(エコー)

対象者

令和3年3月31日現在で30歳から39歳、43、45、47、49歳の女性市民

自己負担金

乳房超音波検査(エコー)900円

レディースがん検診 1,600円(900円+子宮頸がん検診700円)

検診実施場所

市役所朝日庁舎 別棟 「健診室」や公民館

申込方法

ホームページ上の申込みフォーム、郵送、健康推進課窓口(電話、ファクスでの申込は受付けできません)

【ハガキの記入内容】

「エコー」と明記の上 (1)住所 (2)氏名 (3)生年月日 (4)年齢(令和3年3月31日時点の年齢)(5)日中連絡のとれる電話番号 (6)第1から第5希望日を記入(特にレディースがん検診の日程を希望している方は、乳がん検診のみ実施の日を含め、なるべく第5希望までご記入ください)

 ※7月下旬より予約票を送付いたします。

申込受付期間

6月1日から6月30日

検診当日の持ち物

予約者に送付された封筒一式(予約票、受診票、申込書、バーコードが印字された封筒)、自己負担金

検診結果

1か月から1か月半後に郵送します。

受診できない人

(1)胸にしこりがあるなど自覚症状がある人

(2)乳がんやその他の所見で、通院中、治療中、医療機関受診を勧められている人または通院や治療等を自己中断された人

(3)過去に市の診察を受け、要精密検査になったが医療機関を受診していない人

(4)豊胸手術(シリコン等)を受けた人(除去後1年以内も含みます)

妊娠中の人

妊娠中の人は、妊娠経過が順調で10分程度仰向きの体制を保持することが可能であれば受診できます。

 

乳房X線検査(マンモグラフィ)

名称

乳房X線検査(マンモグラフィ)

内容

問診、乳房X線検査(マンモグラフィ) *一方向撮影

対象者

令和3年3月31日現在で40歳から42歳、44,46,48,50歳以上の女性市民

自己負担金

乳房X線検査(マンモグラフィ) 800円

レディースがん検診 1,500円(800円+子宮頸がん検診700円)

検診実施場所

市役所朝日庁舎 別棟 「健診室」や公民館

申込方法

ホームページ上の申込みフォーム、郵送、健康推進課窓口(電話、ファクスでの申込はできません)

【ハガキの記入内容】

「マンモグラフィ」と明記の上(1)住所 (2)氏名 (3)生年月日 (4)年齢(令和3年3月31日時点の年齢)(5)日中連絡のとれる電話番号 (6)第1から第5希望日を記入(特にレディースがん検診の日程を希望している人は乳がん検診のみ実施の日を含め、なるべく第5希望までご記入ください)

 ※7月下旬より、予約票を発送します。

申込受付期間

6月1日から6月30日

検診当日の持ち物

予約者に送付された封筒一式(予約票、受診票、申込書、バーコードが印字された封筒)、自己負担金

検診結果

1か月から1か月半後に郵送します。

受診ができない人

(1)妊娠中またはその可能性のある人

(2)胸にしこりがあるなど自覚症状がある人

(3)乳がんやその他の所見で、通院中、治療中、医療機関受診を勧められている人または通院や治療等を自己中断された人

(4)過去に市の診察を受け、要精密検査になったが医療機関を受診していない人

(5)豊胸手術(シリコン等)を受けた人(除去後1年以内も含みます)

(6)ペースメーカーを装着している人

(7)V-Pシャント(脳室―腹腔シャント)を挿入されている人

(8)CVポート等胸部に医療機関等が挿入されている人

(9)肺や心臓、肋骨の手術を1年以内に受けた人

 

自己負担金が無料となる人

(1)70歳以上(昭和26年3月31日以前生まれ)の人は無料(申請不要)です。

(2)市民税非課税世帯(同一世帯に属する全員が市民税非課税であること)に属する人は、検診希望日より前に健康推進課へ申請が必要です。持ち物:印鑑

(3)生活保護世帯に属する人は社会福祉課から証明書を発行してもらい(発行には印鑑が必要です)、検診日当日にお持ちください。

※(2)(3)に該当する人であっても、検診日より前に手続きがない場合は有料となります。

(4)無料クーポン券の対象者

 乳がん検診(昭和54年4月2日から昭和55年4月1日生)
 令和2年7月から順次発送 有効期間は令和2年7月1日から12月31日

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページに問題はありましたか?(複数回答可)

このページに関するお問い合わせ

健康こども部 健康推進課
〒292-8501
千葉県木更津市朝日3-10-19
木更津市役所朝日庁舎 (イオンタウン木更津朝日
階)
母子保健係 電話:0438-23-1300
成人保健係 電話:0438-23-8376
栄養歯科係 電話:0438-23-8379
予防係 電話:0438-38-6981
ファクス:0438-25-1350
健康こども部 健康推進課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。